YG性格検査は心理学的根拠に基づいた信頼性の高い性格検査です。人材の適材適所のための活用方法をご紹介します。

YG性格検査は人材育成のツールです

自己を知る

人は自己を理解していると思いがちですが、理解できていない所も多くあります。
YG性格検査を利用することで、自身の内面を鏡に写すように見ることができます。
社員の育成のためにYG性格検査を実施することは、社員自身にとって自己理解と自己受容の機会となります。

コミュニケーションが円滑になる

職場では、
  • 上司との関係
  • 部下との関係
  • 同僚との関係
  • 取引先との関係
など、神経を使うことが日常に多くあります。
そのため人間関係が上手くいかないとストレスとなります。
また、自分自身が周囲のストレスの原因になっていることもあります。
YG性格検査を実施すると、生まれながら持っている個性と成長過程で身に付いた行動特性が明らかになります。
性格には遺伝的な変えられない性向、親の影響、育った環境により形成された行動特性もあります。
自分の性向を知っていれば、人は自分自身をコントロールすることができます。
少しずつでも改善していくことができます。
これが人としての成長です。
自己を知り、人格形成、品性を磨くことで、相互理解が生まれ、良いコミュニケーションにつながります。

部下指導・社員の成長は会社の成長

経営改善には社員の意識改革も欠かせません。
社員一人一人にYG性格検査を実施し、長所を確認すること、短所を説明することをお薦めします。
短所については、例えば「目標意識が薄い」とか「衝動的で無計画である」ということをきちんと説明し、その改善方向を話してフォローアップをします。
上司の見解で長所や短所を指摘するより、YG性格検査というツールを用いることによって事実が客観的となり、部下も真剣に受け止めます。
このように上司がYG性格検査を用いてアドバイスをしている企業は社員がリーダーとして育ち、業績を上げています。
(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

次のページへ


書籍「YGテスト入門」
で詳しく解説しています。

#YG性格検査 #プロフィール表 #人を理解する #尺度 #性格検査 #YGテスト入門 #適性検査 #中小企業の採用 #社員の育成