YG性格検査は型判定だけで判断するのは危険です

YG性格検査を実施すると大きく5つの型(A型・B型・C型・D型・E型)に判定できます。
採用に利用する時にこの型だけで判定するのは危険です。

判定はプロフィール図(グラフ)から読み解く

先日も、弊社に診断依頼をされたお客様から問い合わせがありました。

問い合わせ内容は
「型判定はD型(管理者タイプ)となっているのに、適性判定では リーダーと管理者の適性が5段階判定で『1』しかないのはどうしてか」と言うことでした。

確かに型判定では管理者タイプのD型となっています。これは情緒が安定し、社会適応性があるタイプを指しています。
しかし、必ずしもD型の人がリーダーシップをとるタイプではありません。D型の中にも消極的な人も多くいます。
リーダーシップのある管理者向きの人をお探しなら、プロフィール図(グラフ)から判定していただく必要があります。

リーダーシップのある人とは

積極的な人

積極性・消極性は、12個の因子のうち「Ag」の位置から判ります。

行動力のある人

気持ちは積極的でも行動が伴わない人もいます。
これは因子Agと因子Gの位置関係から判ります。

行動特性を見る

プロフィール図から計画性のある人・ない人を読み取ります。行動特性が 熟慮型・果断型・順応型・衝動型 のいずれであるかが判定基準です。これは因子G、因子R、因子Tの位置関係から判ります。

順応型や衝動型の人はリーダーシップを取ることや管理することには向きません。
YG性格検査の判定結果がD型の人の中にも順応型、衝動型の人がいます。採用・配属には注意してください。
詳しくは書籍「YGテスト入門」で解説しています。

 

webbanner

総務・経理に向く人材とは

企業・組織では、総務・経理の部署は、「センター」と言われます。
この総務・経理の部署が

  • しっかりと落ち着いて業務が行われている
  • 会社の資本が守られている
  • 良い人材が確保されている

という状態であれば、中心の核が安定しており、会社に心配がなく、営業部門、生産部門、開発部門が安心して企業の機能を発揮できることにつながります。
総務は、会社の顔です。
総務をみれば、どのような会社か、組織風土が読み取れます。

 

経理は、会社の土台です。

  • 緻密に間違いなく資産・資本が管理されることが求められます。
  • 企業の優劣を決めるのは企業規模ではなく、資本利益率です。
  • 会社の効率を診るには、資本回転率です。
  • 資本が1年間に何回転しているか判定します。

企業は、総務・経理の部署に配属する人を多数の中から厳選して1人を選び出すぐらいに慎重さが必要です。

  • 会社の内部データを護る人
  • 約束を厳守する人
  • 自己の利益を優先しない人
  • 信頼のできる誠実な人
  • 知恵のある人
  • 思慮深い人
  • どちらかというと地味な人

等々を見ることでしょう。

YG性格検査の5つのタイプからはA型(平均型・中庸の人)が総務・経理職に最も当てはまります。

 

webbanner

接客サービス職に向く人材

接客サービス職に向く人とはこんな特徴がある人でしょう。

  • 明るい人
  • 笑顔の人
  • 人に関心がある
  • 先入観がない
  • 誰とでもオープン
  • 付き合い上手
  • 慌てず対応できる
  • 機転が利く

このような人はYG性格検査の型判定から、D型・D準型・C準型に多く見られますが、プロフィール図から12因子の位置関係でもっと的確に下記のことがわかります。

 性格特徴 因子
楽天的で明るい人
情緒が落ち着いて安定 D・C・I・N
客観性がある人
気配りができる人
誰とでもオープン Co
社交性がある人
行動的な人 Ag・G
決断力がある人
機転が利く人 R・T・G
  • 接客サービス職については「YGテスト入門」の第2部 適材適所に掲載しています

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

技術職に向く人

技術職はその職種によって好ましいタイプが違います。

例えば、毎日変わらずコツコツと安定した技能が求められる仕事は情緒が安定したC型が向いているでしょう。

一方、開発系の技術職には情緒不安定で思い込みが強いE型の人が多く、創造性豊かな才能を発揮しています。

技術職はYG性格検査の型判定から、C型、E型に多く見られますが、どちらのタイプでも細かいことを忍耐強く、黙々と根を詰めて作業できる人、物事を深く考え探求できる人に適性があります。これらのことは、12因子のプロフィール図の位置関係でもっと的確にわかります。

特に物事を深く探求できる人はT因子が2ゾーンにある人です。

 性格特徴 因子
物事を深く考える人 G・R・T
物事を探求できる人
ある程度主観性のある人
まわりのことに構わず熱中する人 Co
寡黙な人 S・A
慎重な人
温厚な人 Ag
情緒安定性 D・C・I・N
  •  技術職の判定については「YGテスト入門」の第2部 適材適所に掲載しています

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

現場リーダーはこんな人が望ましい

現場リーダー、班長には安定した積極型の人が好ましいです。

さらに

  • 利己的でなくまわりから人望がある
  • 面倒を見る
  • 人情味のある
  • 楽天的で明るい
  • 情緒が安定している
  • 技能力がある
  • 行動力がある

たとえ、技能が高く、優れていてもリーダー性の弱い人は避けるべきです。

現場リーダーはYG性格検査の型判定から、D型、C型の人が望ましいでしょう。

ですが、型判定だけで決めるのは大ざっぱ過ぎます。
12因子のプロフィール図の位置関係をみればもっと的確にわかります。

 

 性格特徴 因子
人望がある Ag
行動力のある人
計画性がある人
チームワークができる人 Co
客観的に見ることができる
気配りができる
情緒安定性 D・C・I・N
  • 現場リーダー(現場監督者)の判定については「YGテスト入門」の第2部 適材適所に掲載しています

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

保育職に求められる質とは

接客サービス職と同様にD型、C準型の人が向いています。

  • 明るい人
  • 笑顔の人
  • 人に関心がある
  • 先入観がない
  • 誰とでもオープン
  • 付き合い上手
  • 慌てず対応できる

これらのことも求められますが、
幼児の教育者は、保護者とは違って、幼児にとって好ましいかを判定します。
子どもは自分を愛してくれる人かどうかで相手に信頼が生まれます。
情緒が安定し、共感性のある思慮深い教師や保育士が求められます。

プロフィール図から12因子の位置関係でもっと的確に下記のことがわかります。

 性格特徴 因子
共感性があるか D・N
感情的にならない
情緒が安定 D・C・I・N
誰とでもオープン Co
社交性がある
行動が活発 Ag・G
めげない T・R
機転が利く R・T・G
  • 保育職については「YGテスト入門」の第2部 適材適所に掲載しています
  • 保育士に特化した「保育者特性検査(NTI)」を使用すると7つの尺度(愛他性・共感性・論理的思考性・気働き・社交性・行動力・養育性)から、よりよく判ります。

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

上司がE型社員の長所を伸ばした事例

社員の性格は様々ですが、5つの性格パターン(A・B・C・D・E)があります。
その中のE型は情緒不安定の上に、消極性・非社交性で人材としては敬遠されてきました。
しかし、E型はユニークで創造性を秘めている人たちです。
そこで異色型・寡黙の人と名付けました。
このように長所を見つけて能力を引き出すのは上司の役割です。

ある流通業のコンサルティングを始めた時、管理職およそ20名のYG性格検査を施行しました。
驚いたことに総務経理部長AさんはE型でした。
部長らしい素振りが全くない姿勢の低い人で、「人の上に立つのは苦手、人前で話すのは嫌いだ」と謙虚におっしゃいました。
しかし、発想は豊かで人事政策を無理強いせずに実行してしまう人で、社員からは好感を持たれる人柄でした。
Aさんの誠実な性格、これと思うことを自分でやり遂げる信念に、目を留めて引き上げたのは社長でした。

社員は各々長所を持っており、その長所が伸びていくときに弱点も小さくなっていきます。
大事なことは本人を動機づけることです。
この会社の経営者は一人一人の個性の良さを伸ばす、発揮させるというヒューマン・スキルで管理職を育てられていました。
そのように育てられた管理職の方々も業務達成には厳しいが、おおらかな人達で、部下のその人らしさを大切にし、上手に引き出し、やる気に点火していました。
YG性格検査はその人らしさを知るためのツールです。
(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

YG性格検査のD型について(1)

YG性格検査では、5つのパターン図(A,B,C,D,E)から性格の輪郭をつかむことができます。
型に優劣はありません。その中のD型について解説します。

D型は管理者型と言われ、安定積極的なタイプです。そのため、YG性格検査を利用している企業や組織では、採用のときにD型の人を選ぶケースが多いようです。確かに、D型を選択すれば無難ですが、思考外向性で思慮の浅い、無計画な行動をする人も多くいます。

採用の場面では、面接と共に適性検査を実施ということを考えてください。
D型のプロフィール図(グラフ)は、右下がり型です。このような人は内的整合性もとれていてバランスの良い人です。
D型の管理者を採用する時、または社内で昇格させる時に見る視点は3つあります。因子Ag、因子G、因子R-T-Gの関係です。

因子Agの点数でその人の主体性・積極性を判定できます。強すぎると攻撃的で管理職には不向きです。適度な意欲性・積極性が求められます。

因子Gの点数からは行動性が活発かどうか、スピードが遅くないか、着手が遅くないか等を評価します。現代のビジネスでは、行動が速くないと遅れを取ってしまいますし、成果につながりません。この意味で因子Gの評価は大事です。

因子R-T-GについてはYG性格検査のD型について(2)で解説しています。

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

YG性格検査のD型について(2)

YG性格検査では、5つのパターン図(A,B,C,D,E)から性格の輪郭をつかむことができます。
型に優劣はありません。その中のD型についての解説のつづきです。

1.因子R-T-Gの関係によってその人の行動計画性が判ります。
行動計画性には4つのパターン
・熟慮型
・果断型
・順応型
・衝動型
があります。
管理職や営業職に向く人を行動計画性から見ると、熟慮型・果断型の人、つまり
やや慎重ではあるが行動の早い人
決断が早く分析的・計画的な人
です。

2.客観性について
D型は因子oの点数が低いと客観性が高まります。その時、因子Coは因子Oの近くになければなりません。因子Coと因子Oは姉妹因子と考えてください。

3.社交性について
D型は因子Aと因子Sの点数が高いことが望ましく、その人は社交性が豊かです。因子Aと因子Sは姉妹因子なので近い位置にあること、因子Sの点が高いことがポイントです。因子Aの方が高得点だと支配性と自己顕示性が表面に出てきて、人間関係上に好ましくないでしょう。

型判定のD型でとどまらず、因子をよく見ることによって、その人物像がより鮮明に浮かび上がってきます。

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

YG性格検査のC型について(1)

YG性格検査では、5つのパターン図(A,B,C,D,E)から性格の輪郭をつかむことができます。
型に優劣はありません。その中のC型について解説します。

C型は平穏型と言われ、温順寡黙なタイプです。
情緒が安定し内向性(消極型)の性格タイプを表しています。
・温順
・おとなしい
・無口
・表舞台に出たがらない
・命令に従順
な人です。仕事ぶりは真面目でコツコツと忍耐強い仕事をします。

C型の特徴は情緒特性をもつ因子D,C,I,Nのグループの点が低いことです。これはD型と同じく、落ち着いた印象を与えます。
因子O,Coのグループの点も低く、これもD型と同じです。C型は因子Agの点も低く、因子Agの点が低いと消極的、受身的で弱いところがあり、D型と異なりますが、この3つの因子から社会的適応性が高いことが判ります。つまり、組織においては最も安心のできる性格で、偏りがなく、人を信頼し、心を開いてくれる温順な人です。

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner