12尺度の因子Agについて(1)

YG性格検査は人の性格特性を12 の尺度(因子)から測定し、グラフ化にしてその因子の強弱の程度を5段階に区切って判定、診断します。

12の尺度の1つ、「因子Ag」について解説します。
Agは行動特性の側面から攻撃性を測定しています。

点が低いと(段階1,2)攻撃的ではなく

  • やさしく温厚
  • 人当たりがよい
  • 物事や目標に対して意欲をもろに示さない
  • 人に強い言葉で迫らない
  • 目標意識の欠如
  • 消極的姿勢
  • 怒りを現さない
  • 気長

などを表します。
温順な人ですが、業績で良い結果を出せない人が多く、
押しが弱い、クロージングに弱いので、管理者だと物足りなさを感じます。

逆に点が高くなる(段階4,5)ほど攻撃性が強くなり

  • 積極的姿勢
  • 主体的
  • 物事や目標に対して達成しようとする意欲
  • 性急さ
  • 人に対して攻め打つこと
  • 悪い点を取り立てて非難すること
  • 短気
  • 攻撃的

ことを表します。

特に点が高い人は社会的不適応の因子でもあり、組織や周囲にトラブルをもたらすことが多いです。
その働きの積極性が、逆に人に嫌われたりもします。
ただし、営業担当者や管理者であれば、段階4ぐらいの点が必要です。

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

12尺度の因子Agについて(2)

YG性格検査は人の性格特性を12 の尺度(因子)から測定し、グラフ化にしてその因子の強弱の程度を5段階に区切って判定、診断します。

12の尺度の1つ、「因子Ag」について解説の補足をします。
Agは行動特性の側面から攻撃性を測定しています。

初めてYGテストの評価をする人は「攻撃的」「攻撃的でない」という因子の意味に戸惑いを感じられます。
この因子Agは、行動特性を見る上で大事です。
その人の生き方、仕事振りを推測できるからです。

攻撃的というのは、その人の性格の内にある本能的な態様です。
お腹の丹田(へその下の辺りの所)からわき上がってくるエネルギーの感覚です。
これは人を動かす舵取りのようなものです。
大きな業績、偉大な人物の成果などは「攻撃的」という性格から発現したことも多いと思われます。

多くの経営者にインタビューしたところ、攻撃的な人が多数を占めます。
彼らのYG性格検査の結果は因子Agの点が段階4~5でした。

また、この因子Agは、人間関係特性の因子Oと因子Coと合わせて、社会的適応を見ることもできます。
3つの点が低い人は、仕事にやる気がありませんし、自己卑下を現している時があります。
人に妥協しやすく自分という存在がないさまで、人の言いなりになる人です。

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

YG性格検査を利用して社員の意欲を高めることができます

YG性格検査によるYG診断をしています。
最近のYG診断の分析をすると、意欲性(主体性)が弱い(因子Agの点が低い)人が多くいます。
この人たちは長所的に見ると「人に優しい」「温順」です。
短所的に見ると、問題意識が薄く、明確な目標の意識が低いことを示します。

このような人には、目標設定の支援をします。
目標設定には、仕事に関することに限りません。
人生の目標、スポーツ、趣味の世界など、プライベートに関することでも構いません。
自らの意欲で高い目標を立て、挑戦することを勧めます。
目標値は、努力して達成できる高い目標値を設定するように指導してください。

弊社の「スキルアップ社員研修」では研修の初めに受講者に「ビジョン(夢)と目標について」考えてもらいます。
その時に紹介する格言があります。

「人は心の中で密かに考えたとおりの人間になる」
という格言は1人の人間の人生のあり方だけではなく、人生のあらゆる場面や状況にも 広く当てはまる言葉です。
人は文字通り「考えた」とおりの人間になります。
(ジェームス・アレンの法則)
ピーター・セツ訳,イーハトーウフロンティア刊より

目標ができると仕事にも意欲が出てきます。
管理者はスタッフをよく観察し、目標達成へ支援してください。

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

YG性格検査のB型について

YG性格検査では、5つのパターン図(A,B,C,D,E)から性格の輪郭をつかむことができます。
型に優劣はありません。その中のB型について解説します。

B型は独善型と言われ、積極的なタイプです。YG性格検査の検査結果で表れるプロフィール図が右寄りで情緒不安定性と外向性(積極型)の性格タイプを表しています。
B型は、情緒特性の因子グループD,C,I,Nの点が高く情緒不安定性を表し、情緒特性はE型と同じタイプです。D型とは情緒特性部分で大きく相反するタイプです。
知覚特性の因子O,Coの点が高く、主観的で自分が正しいと思い込む頑固なところがあり、Dタイプの低い点と相反し、同じ積極的タイプでも組織内での活動に不適応の状態が出やすいです。

行動特性では、積極的・主体的・自律的で、行動が速く、決断が大胆な人で、社交的、リーダー意識も強く、人をリードします。
個性が強く、積極的でアイデアに富む人も多く、仕事ができ成果を上げる人です。チームで活動するよりも個として活動する方が力を発揮できるタイプです。

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

YG性格検査のE型について(1)

YG性格検査では、5つのパターン図(A,B,C,D,E)から性格の輪郭をつかむことができます。
型に優劣はありません。その中のE型について解説します。

E型は異色型と言われ、寡黙の人です。YG性格検査の検査結果で表れるプロフィール図が左下がり型で情緒不安定性と内向性(消極型)の性格タイプを表しています。
つまり、E型のプロフィール図はD型のプロフィール図(右下がり型)とまったく対照的なプロフィール図になっています。
E型は情緒特性の因子グループD,C,I,Nの点が高く情緒不安定性を表し、情緒に関してはB型と同じタイプです。特に因子C因子Nが高得点でプロフィール図で突出していると虚脱感におそわれたり、情緒の不安定さが起こるなど、組織活動は難しくなります。
また、知覚特性の因子O,Coの点も高いと、B型と同じく組織内での活動に不適応の状態が出やすく、因子Agの点も高いと連動して、この傾向が強くなり、組織内に居づらくなります。しかし、行動特性や社交性は消極的なので、B型のように波風を立たせることはなく、むしろ自己の内に閉じこもるようになります。

YG性格検査のE型について(2)に続く

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

YG性格検査のE型について(2)

YG性格検査では、5つのパターン図(A,B,C,D,E)から性格の輪郭をつかむことができます。
型に優劣はありません。その中のB型についての解説のつづきです。

独創的な面があります
因子Oの点が高いと心理的に空想的でふわふわした存在で、独自のパーソナリティの源です。独創的で他の人には及ばない発想をします。

温順なタイプの人
因子Coの点が低いとC型と同じです。誰に対しても協調的・友好的です。
因子O,Coはグループ因子でプロフィール図では近い位置にありますが、因子Coの点が低いと、因子Agの低い点と合わさって、人を信頼し、心を開いてくれる温順な人です。組織においては安心のできる性格です。
因子Agの点が低いと消極的、受身的で弱いところがあります。

不活発な人
因子Gの点が低いと非活動的、動作がゆっくり、着手が遅くなります。

慎重な人
因子Rと因子Tが低いと内省的になり、優柔不断だったり、深く考えすぎたり、几帳面な人がいます。

独りで居ることを好む
因子Aと因子Sが低いと温順で人前に出ることをや、多勢の中に入るのが苦手で、人を避けたがります。

このような特徴を持つ人が多く見られますが、これらすべてが当てはまるわけではありません。プロフィール図をよく見るようにしていください。

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner