性格は本人の気づきで変えられる

人を活かす現場、人を育てる職場、人を成長させる会社にしたい。
そのためには、社員の性格特性をよく知ることです。
表面に見えている印象だけではなく、心理的に見ることにより、的確な育成をすることができます。
YG性格検査は、人の性格特性をA~Eの5つの系統に、さらに15 のタイプ(型)に類別します。
YG性格検査を利用すると社員の性格特性を容易に把握することができます。

社員の性格特性を知った上で観察することが大事です。
観察することによって本人を片寄り見ることなく、愛情をもって力量をアップさせる指導ができます。

YG性格検査は、2年位の間隔で再テストすると、本人の努力と指導の成果を確認できます。
主観的、非協調性、非社交性などの因子は変わりませんが、情緒性や行動特性は変化が出てきます。

これまでの事例では、営業担当者で24~31 歳の人は、因子Ag(攻撃性・意欲性)が標準点3ゾーンから4ゾーンへ変化しました。
因子G(活動性)は標準点3~4ゾーンから5ゾーンへ変化していました。
上司からの動機付け、本人の意識、努力によって行動特性は変化します。

YG性格検査を利用することによって、社員を育成し、結果、企業の成長へとつながります。
(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

YG性格検査で営業社員の育成をした事例

webbanner

YG性格検査の利用者にアンケートを取りました

YG性格検査用紙を利用されていらっしゃるお客様にアンケートを取りました。アンケート結果では

YG性格検査を導入した理由・目的は何ですか?

  • 面接だけでは適性や人物像を理解判断するのは難しいから(小売業)
  • 社員の指導・育成を効率的にするため(製造業)
  • 面接だけでは性格がわからない。会社も応募者も不幸にならないため(建設業)
  • 社員に長所・短所を気づかせて自信をもたせたい(サービス業)
  • 入社試験では性格判断が重要と認識している(小売業)
  • 社員の傾向を類別するため(情報システム開発業)
  • 社員の仕事の能力は性格に関係があると感じたので(医療機関)

YG性格検査の長所と感じるところは?

1位:検査方法が簡易
1位:コストが安価
3位:結果を手元で採点できる
4位:採点方法が簡易
5位:検査の信頼性が高い
5位:検査結果がわかりやすい

アンケート結果からもわかるようにYG性格検査は中小企業で「人を採用する」時に適性検査として利用され、
面接の印象や経歴が良いことより、企業(組織)が「求める人物像」に適していることの判断資料となります。

また、「人を育成する」ためにその人の適性を検査し
長所を伸ばし、短所を改善するように導くツールとして利用されています。

すべて、その人の特性を理解することから始まります。