YG性格検査は型判定だけで判断するのは危険です

YG性格検査を実施すると大きく5つの型(A型・B型・C型・D型・E型)に判定できます。
採用に利用する時にこの型だけで判定するのは危険です。

判定はプロフィール図(グラフ)から読み解く

先日も、弊社に診断依頼をされたお客様から問い合わせがありました。

問い合わせ内容は
「型判定はD型(管理者タイプ)となっているのに、適性判定では リーダーと管理者の適性が5段階判定で『1』しかないのはどうしてか」と言うことでした。

確かに型判定では管理者タイプのD型となっています。これは情緒が安定し、社会適応性があるタイプを指しています。
しかし、必ずしもD型の人がリーダーシップをとるタイプではありません。D型の中にも消極的な人も多くいます。
リーダーシップのある管理者向きの人をお探しなら、プロフィール図(グラフ)から判定していただく必要があります。

リーダーシップのある人とは

積極的な人

積極性・消極性は、12個の因子のうち「Ag」の位置から判ります。

行動力のある人

気持ちは積極的でも行動が伴わない人もいます。
これは因子Agと因子Gの位置関係から判ります。

行動特性を見る

プロフィール図から計画性のある人・ない人を読み取ります。行動特性が 熟慮型・果断型・順応型・衝動型 のいずれであるかが判定基準です。これは因子G、因子R、因子Tの位置関係から判ります。

順応型や衝動型の人はリーダーシップを取ることや管理することには向きません。
YG性格検査の判定結果がD型の人の中にも順応型、衝動型の人がいます。採用・配属には注意してください。
詳しくは書籍「YGテスト入門」で解説しています。

 

webbanner

再検査の信頼性

YG性格検査は時間の間隔をおいて検査を実施しても、その性格特性が変わらないことが前提条件です。

ある企業の上級マネージャーにYG性格検査をしたとき、その検査結果に納得をしていただけませんでした。その方の検査結果はある情緒性尺度が突出して不安定さを現していました。
「これは自分の性格を現していない」と主張されるので、日を置いてもう一度、YG性格検査をいたしました。
検査結果を表すプロフィール表は前回と重なるぐらいに同じ結果でした。
そのマネージャーはYG性格検査の結果を認められ、利用していただくことになりました。
誰でも自己の短所は認めたくない気持ちがあります。

またある時、金属製品メーカーより、営業担当者、品質管理担当者を採用するためにYG性格検査の診断の依頼がありました。
応募者5名は、その企業の狙いどおり50歳代の大企業を早期退職された方々でした。
そのうち1名が品質管理担当者として採用されました。
後日、その方に会う機会があり、早期退職時の就職支援でもYG性格検査をした経験があり、今回のプロフィール表と全く同じ結果だったという報告をもらいました。
YG性格検査を作られた辻岡美延先生(関西大学名誉教授)は、その著作でYG性格検査には再検査信頼性があることを述べられています。
※「新性格検査法」辻岡美延 著

次にYG性格検査は、「はたして妥当性評価が正しく出ているのか」
と問われますと、学問的には心理学者の方々に議論をお譲りしたい。
実務者として、私が20数年、使用した経験と事実からは妥当性があると言えます。
実際にテスト評価と被験者の観察・ヒアリングを通して、本人の行動特性と類型プロフィールの性格特性とを比較検証しました。
経験的に言えば、細かい点でのズレはありますが、性格特性の傾向は的中しています。
採用と適性配置の企業の実務面からは、YG性格検査による判定データを使用できると判断できます。
(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

成績・面接ではわからない行動特性

コンピテンシーをご存知でしょうか。
米国の心理学者マクレランドにより提唱された理論で「ある仕事において、一貫した高い業績を上げる人に見られる行動特性」のことを言います。
人の行動の目に見える部分である「技術・知識・態度」は氷山の一角であり、実際に氷山を動かしているのは、その水面下の目には見えない「性格・特性・動機・価値観」などの潜在的な部分の力が大きいという認識です。
hyozan
これまで日本では、知識・技能の評価が中心に行われてきましたが、能力は行動に移して初めて結果となることから、その原動力である、性格、行動特性が重要視されるようになっており、採用試験や適正配置に活用されています。
(竹井機器工業株式会社 心理カタログより)

YG性格検査が多くの企業、団体、教育現場で利用されているのもこのためです。

そもそも、学業の成績、卒業大学だけで人を判断することはできません。
YG性格検査を実施されると多くの企業ではD型(管理者型)の安定積極的な人を選ばれます。
しかし、面白いことに学業成績の良い人にD型が少ないのは事実です。
学業に熱心に取り組む人はE型の人が多いことがわかっています。
(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

12尺度の因子Gについて(1)

YG性格検査は人の性格特性を12 の尺度(因子)から測定し、グラフ化にしてその因子の強弱の程度を5段階に区切って判定、診断します。

12の尺度の1つ、「因子G」について解説します。
Gは行動特性と知的活動性の側面から活動性を測定しています。

点が低いと(段階1,2)活動的ではなく

  • 温順
  • おとなしい
  • 動作がゆっくり
  • 反応がにぶい
  • 慌てない
  • 鈍重

ことを表します。

仕事で迅速さの要求される作業や業務には向きません。
「動作が遅い」ということだけではなく、「着手が遅い」ということも含みます。
慣れたことは技能者として手際はいいが、新しいことには対応できません。
逆に点が高くなる(段階4,5)ほど活動性が強くなり

  • 元気よく活動する
  • 動作がキビキビしている
  • 手早い
  • 直ぐに行動に移す
  • 俊敏性
  • 能率的処理

ことを表します。

特に点が高い人は俊敏で、遅い人を見るとイライラしてしまい、自分でやってしまいます。
活動的な特性は、営業職や接客業にとっては不可欠です。
事務職でも事務処理が早い人と遅い人では仕事量に大きな差が出ます。

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

webbanner

12尺度の因子Gについて(2)

YG性格検査は人の性格特性を12 の尺度(因子)から測定し、グラフ化にしてその因子の強弱の程度を5段階に区切って判定、診断します。

12の尺度の1つ、「因子G」について解説の補足をします。
Gは行動特性と知的活動性の側面から活動性を測定しています。

組織での仕事はスピードが要求されることが多いので、因子Gの点が低いと問題となる場合があります。

しかし、ゆっくりした方が好ましいという仕事もあります。
丁寧かつ正確を重視する仕事もあります。

介護の仕事では、場面や係によっては、高齢者に合わせてゆっくり対応することも必要です。
サービス業であれば、これに似た丁寧な対応が求められることもあるでしょう。

自然相手の農業・水産・畜産では、じっくりと対応した方がよい場面もあります。

また、交通・食品・医療などでは、優先順位として、安全や衛生が第一に求められる職場や職種もあります。
精密制御や保安に関する機器・プラントでは品質第一が求められ、スピードは第2という場合もあります。

どのような形態の組織でも、人材は偏りなく適切な組み合わせが求められます。
(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

12尺度の因子Rについて(1)

YG性格検査は人の性格特性を12 の尺度(因子)から測定し、グラフ化にしてその因子の強弱の程度を5段階に区切って判定、診断します。

12の尺度の1つ、「因子R」について解説します。
Rは行動特性の側面からのんき性を測定しています。

点が低いと(段階1,2)のんきではなく

  • 物事がすごく気になる
  • 心配性
  • 慎重
  • 石橋を叩いて渡る
  • 決定に迷う
  • 物事が決められない

ことを表し、小さいことが気になり迷いが生じて決定ができません。
また、慎重になり過ぎて、大胆な決定ができないところがあります。

逆に点が高くなる(段階4,5)ほどのんき性が強くなり

  • 物事をあまり気にしない
  • のんき
  • 気楽
  • 決断に迷いがない
  • 直ぐに決める
  • 決定が早い
  • 忘れっぽい
  • 気軽さ
  • 慎重さにかける
  • 衝動的

ということを表します。

 

仕事の局面では大胆な決断を求められる場合があります。
特に管理者、営業職には決断力が求められます。

因子Rの点が高い人には飽きっぽい人もいます。
決断は早いがあきらめも早い人がいます。
特にプロフィール図(グラフ)全体から因子Rが突き出ている場合は要注意です。
何事も早過ぎて、じっくりした仕事ができず、落ち着きのない人です。

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

webbanner

12尺度の因子Rについて(2)

YG性格検査は人の性格特性を12 の尺度(因子)から測定し、グラフ化にしてその因子の強弱の程度を5段階に区切って判定、診断します。

12の尺度の1つ、「因子R」について解説の補足をします。
Rは行動特性の側面からのんき性を測定しています。

因子Rの点が低いの人は、行動が慎重です。
絶えず、心の中は不安が支配しています。
「これでうまく行くだろうか」
「○○は大丈夫だろうか」
と不安がいっぱいです。
この人たちは会社組織において忠実です。
保守的で体制を維持しようとする人たちです。

<因子Rの点が低い場合の注意点>
情緒特性の因子Nの点が高く、神経質な傾向と合わさっているケースもあります。
因子Nの点の高さとの関連をチェックしてください。

 

<決断力が求められる職種>
管理者や営業職などには大胆な決断を求められる場合があります。
しかし、その決断は十分に考え、計画を立てた見通しの上で下すことが大事です。
因子Rは段階4が望ましいでしょう。
但し、因子Gとの点の高さ関係をチェックする必要があります。

<因子Rの点が高い場合も注意が必要>
飽きっぽく、決断は早いがあきらめも早い人がいます。
その事例として
因子Rの点が高い事務員は、先輩や上司に一度教えられたことを何度でも聞きに行き、じっくり自分で考えることをしないことがありました。

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

webbanner

12尺度の因子Tについて(1)

YG性格検査は人の性格特性を12 の尺度(因子)から測定し、グラフ化にしてその因子の強弱の程度を5段階に区切って判定、診断します。

12の尺度の1つ、「因子T」について解説します。
Tは行動特性と知的活動特性の側面から思考性を測定しています。

点が低いと(段階1,2)内向思考になり頭の中で内的方法を用いて問題を解決しようとします。

  • 細かいことにいつまでも考えを巡らす
  • 深く思考することを苦にしない

ことを表し、考える仕事に向きます。
IT企業には、思考的内向の人が集まる傾向があります。
長時間続けてプログラム開発することを要する仕事に耐えられるのでしょう。

 

逆に点が高くなると(段階4,5)思考的外向になり、外部の物事に関心が行きます。

  • 小さいことを気にしない
  • 無計画

ことを表します。
特に点の高い人は衝動的な人で、思慮が浅く、人当たりは良くても最後のつめができません。

例えば人当たりが良いという点で営業向きですが、この傾向が強いと注文が取れない場合があります。
管理職では、業績が上げられないことが多いので、注意が必要です。

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

webbanner

12尺度の因子Tについて(2)

YG性格検査は人の性格特性を12 の尺度(因子)から測定し、グラフ化にしてその因子の強弱の程度を5段階に区切って判定、診断します。

12の尺度の1つ、「因子T」について解説の補足をします。
Tは行動特性と知的活動特性の側面から思考性を測定しています。

内向思考に向く仕事とは

生産現場で治工具を製作する人
金型を製作する人
など、頭を使って工夫する仕事に適しています。

深く考えすぎる人は、細かいことにとらわれて、決断に迷うという因子Rの低い点と連動している場合が多く見られます。
因子Rと因子Tは内省的な心理を表します。
点の低い人はこの傾向が強くあります。
さらに因子N(神経質)の高い点と因子Rと因子Tの低い点の傾向は連動します。
より一層、些細なことに考え過ぎてしまい、決断に迷うことになります。

外向思考に向く仕事とは

営業職
接客サービス職
保育士
介護士
など、人と接する仕事に適します。

しかし、因子Tの点が高すぎる場合は、D型、D準型(管理者タイプの人)でも要注意です。
調子はいいのですが、無計画で成果が伴わない人がいます。
例えば人当たりが良いという点で営業向きですが、この傾向が強いと注文が取れない場合があります。
管理職では、業績が上げられないことが多いので、注意が必要です。

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

webbanner

YG性格検査で営業社員の育成をした事例

人材育成に力を入れてらっしゃる鉄鋼専門商社では、20年前にYG性格検査を導入しました。
そのお手伝いをした時、まず、最初に営業担当の行動特性の分析や営業部門全体の特質の掌握にYG性格検査を利用しました。その診断を元に的確なコンサルティングを進め、営業成果を上げることができました。

2年後、その営業社員達に2回目のYG性格検査を実施したところ、
営業社員の「主体性」「行動性」「決断力」の行動特性の因子が良い方向に変化していました。
これは、2年間の人材教育の結果の表れです。
この事実に、営業社員本人はもちろん、私にとっても大きな驚きと喜びでした。
行動科学として、人の意思・教育が行動特性を変化させ、そのことが測定でき、仕事に及ぼす影響の重大さと、YG性格検査が人材育成に効果があることを確信した瞬間でした。

この鉄鋼専門商社は、20年を経た現在も人事と人材育成にYG性格検査を活用し続け、
海外進出の人材育成、女性社員の活用にも力を入れられています。
社員の成長により組織は着実に強化されています。

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner