12尺度の因子Oについて

YG性格検査は人の性格特性を12 の尺度(因子)から測定し、グラフ化にしてその因子の強弱の程度を5段階に区切って判定、診断します。

12の尺度の1つ、「因子O」について解説します。
Oは人間関係特性と知的活動性の側面から客観性・主観性を測定しています。

点が低いと(段階1,2)

  • 客観的(誰が見ても最もだと思えるような立場で物事を考えるさま)
  • 空想的でない
  • 信念に乏しい

さまを表します。
客観的とは、特定の個人的主観の考えや評価から独立した普遍性のある見方です。
組織の中でのチームワークを働かすメンバーとして適切です。
また、点が低すぎる場合は信念に乏しいということが言えます。
いろいろの人の意見を聞いて回り、自分の意見がないというさまになりやすい。
因子Oと因子Co双方が低い粗点の場合は、人に妥協しやすいと言えます。
行動特性因子Agの点も低いとその傾向はより強まり、自分の主張がありません。
人のいいなりになる人です。

逆に点が高くなる(段階4,5)ほど

  • 信念が強い
  • 主観的(自分一個の意見による物事の見方、主観による価値を第一に重んじるさま)
  • 独善的(自分に都合のよい考え方で自己中心の考え)
  • 空想的
  • 人の意見を聞かない
  • 頑固

ことを表します。
特に点が高い人は、独善的傾向が強いです。
自分の考えを押し通そうとし、自分の理想を空想し、その実現に他のことを顧みないという状況が生まれます。
信念が強いという好ましい見方もできます。
最後まで自分の信念を貫いてやり遂げるという人物も輩出します。
主観的な人は、組織にあってどのような行動態様を表すかが注目です。
組織にとって重要なことを1人になってでも貫くことは良いことです。
ただ、その時の発言が自分のみ正しく、他の意見は、間違っているという論法で相手を攻撃すると問題です。
段階4~5の人は因子Co, Ag, Gの高い点と結びつくと、社会的不適応を起こしやすい。
組織を離脱して、自営業や一匹狼的な仕事を好む傾向もあります。
ロマン・夢・冒険に傾倒します。
(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

12尺度の因子Aについて(1)

YG性格検査は人の性格特性を12 の尺度(因子)から測定し、グラフ化にしてその因子の強弱の程度を5段階に区切って判定、診断します。

12の尺度の1つ、「因子A」について解説します。
Aは人間関係特性の側面から相手との立ち位置を測定しています。

点が低いと(段階1,2)相手に対して服従的です。

  • 命令に逆らわない
  • 従順
  • 性質がおとなしく温順
  • 妥協しやすい

ことを表し、人の上に就くような役職・リーダーにはなりたくない気持ちが強くあります。
このような性格の人を技能が高い、有能ということでリーダーや役職に就けると職場の成果が下がる場合があります。
逆に点が高くなると(段階4,5)相手に対して支配的です。

  • 自分の意思・命令で相手の行為やあり方を束縛する
  • リーダーシップ力
  • 指導者意識
  • 自己顕示欲
  • 自己推薦

ことを表します。
特に点の高い人は組織・集団の中で自己の影響を与えたい情動にとらわれます。
そして、自然に影響力を行使し始めます。

本人はそのことが相手から好ましく思われていないことに気づきません。
この性格は、自分を(あることから)守ろうとする防衛反応です。

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

webbanner

12尺度の因子Aについて(2)

YG性格検査は人の性格特性を12 の尺度(因子)から測定し、グラフ化にしてその因子の強弱の程度を5段階に区切って判定、診断します。

12の尺度の1つ、「因子A」について補足解説します。
Aは人間関係特性の側面から相手との立ち位置を測定しています。

因子Aは因子Sと関連があり、プロフィール図上の点の位置が近似しています。
因子Aの点が低いときは、因子Sの点も低くなります。
この因子AとSの位置がかけ離れている場合は、YG性格検査への回答の真偽が問題です。
回答にウソが含まれるか、もしくは被験者の内的整合性が取れていないかです。

この因子Aのみが他の因子より突出して点数が高い人は自己顕示欲のみが表れ、人の意見を素直に聞かない傾向があります。
「ハイ、わかりました」と言っても違うことをします。

製造現場や流通加工現場などには、リーダーに適さなくてもおとなしく黙々と不満も出さずに働く人が求められる仕事があります。現場では、リーダーになりたい人(因子Aの点が高い)が多いとチームワークが取れません。
黙って従う人も必要です。

 

webbanner

12尺度の因子Sについて(1)

YG性格検査は人の性格特性を12 の尺度(因子)から測定し、グラフ化にしてその因子の強弱の程度を5段階に区切って判定、診断します。

12の尺度の1つ、「因子S」について解説します。
Sは人間関係特性の側面から社会性を測定しています。

点が低いと(段階1,2)内向的になり

  • 自分の世界にばかり閉じこもろうとする
  • 独りになりたがる
  • 非社交的
  • 人間嫌い

を表し、組織・集団を避けます。
点の低い人は表に出たがらず、人前で何かすることは苦手です。

逆に点が高くなる(段階4,5)ほど外交的になり

  • 人との交際を好む
  • つき合い上手
  • 社交性に富む
  • 宴会を好む
  • 人間大好き

を表し、大勢の人の集まる所に入ることを苦にしません。
服装も派手好みです。
周囲に目立つことを平気でします。
お祭り騒ぎが大好きで、周囲が静まっていると、本人は耐えられずに1人で、はしゃいだりします。
人中に率先して入って行き、人を恐れずに目上の人や著名人にも話しかけたりします。
(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

12尺度の因子Sについて(2)

YG性格検査は人の性格特性を12 の尺度(因子)から測定し、グラフ化にしてその因子の強弱の程度を5段階に区切って判定、診断します。

12の尺度の1つ、「因子S」について解説の補足をします。
Sは人間関係特性の側面から社会性を測定しています。

因子Sは、因子Aと関連があり、点が近似しています。
因子Sの点が低い人は、相手を支配しないし、自分の世界に閉じこもり、変わりものと呼ばれたりもします。
しかし、独自の世界で独特の作品を創り上げたりします。
例えば、生産現場でどんな難しい故障でも直せる名人だったりします。

因子Sの点が低い社交的内向の人に、
人と折衝する仕事や接客の仕事
人に挨拶することを強要するような立場におく
と、ストレスが溜まってきます。
また、仕事に集中できないことが起こります。

逆に、因子と因子の双方の点が高い人は社交性に富み、
かつ、そうした集団の交際の中で自分が影響力を与えることや自己顕示欲を示すことを積極的に働きかけます。

その人の性格を知った上で配属することにより、その人の能力をより発揮することができます。
(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner