YG性格検査のC型について(2)

YG性格検査では、5つのパターン図(A,B,C,D,E)から性格の輪郭をつかむことができます。
型に優劣はありません。その中のC型についての解説のつづきです。

C型の特徴として下記のことが挙げられます。
因子Gの点数が低いこと
因子Gは活動性を表す因子で、点が低いと
・非活動的
・動作がゆっくり
・着手が遅い
ことを表しています。

因子R,Tの点数が低いこと
因子Rの点が低いと
・決断できない
・優柔不断
です。
因子Tの点が低いと
・深く考えすぎる
・几帳面
です。
因子Rと因子Tが共に低いと
・内省的
・慎重
・些細なことにくよくよする
ことを表しています。

因子A,Sの点数が低いこと
因子Aの点が低いと
・温順
・服従
・命令しない
因子Sの点が低いと
人を避ける
非社交性
です。
因子Aと因子Sが共に低いと服従的、非社交性の性格を持つため、独りで居ることを好み、多勢の中に入ったり、人前に出たりすることが苦手です。
こちらも参考にしてください。

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

YG性格検査のB型について

YG性格検査では、5つのパターン図(A,B,C,D,E)から性格の輪郭をつかむことができます。
型に優劣はありません。その中のB型について解説します。

B型は独善型と言われ、積極的なタイプです。YG性格検査の検査結果で表れるプロフィール図が右寄りで情緒不安定性と外向性(積極型)の性格タイプを表しています。
B型は、情緒特性の因子グループD,C,I,Nの点が高く情緒不安定性を表し、情緒特性はE型と同じタイプです。D型とは情緒特性部分で大きく相反するタイプです。
知覚特性の因子O,Coの点が高く、主観的で自分が正しいと思い込む頑固なところがあり、Dタイプの低い点と相反し、同じ積極的タイプでも組織内での活動に不適応の状態が出やすいです。

行動特性では、積極的・主体的・自律的で、行動が速く、決断が大胆な人で、社交的、リーダー意識も強く、人をリードします。
個性が強く、積極的でアイデアに富む人も多く、仕事ができ成果を上げる人です。チームで活動するよりも個として活動する方が力を発揮できるタイプです。

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

YG性格検査のA型について

YG性格検査では、5つのパターン図(A,B,C,D,E)から性格の輪郭をつかむことができます。
型に優劣はありません。その中のA型について解説します。

A型はプロフィール図の座標の位置が中心に集中した平均型です。情緒安定性、社会適応性、行動性、活動性、主導性が平均的に収まります。
A型の性格は平均的な向性になるため、評価は難しくなります。では、どのように評価すればよいのでしょうか。
中心に集中した各因子を眺め、中心より左右に大きく突出した因子の有無をチェックし、突出した因子に注目します。
例えば、因子Dが左寄りの場合、「明るい人」と見立て、因子Nがやや右寄りであれば「やや神経質な人」と見立てていきます。

A型の特徴として言えることは情緒安定性のバランスが取れている人が多いことです。
A型は平均的で特徴が少ないですから、プロフィール図の突出している因子の関係をよく見て判定します。テスト後の行動、人間関係などをよく観察し、判定との差異をチェックします。

A型はバランスのとれて安定していることから、組織の中では、総務・経理職に向いています。派手好きではなく、総務・経理職として採用される場合は、型判定だけでなく、落ち着き、おしゃべりでない寡黙の人、行動特性が熟慮型であるか、因子をよく見てください。

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner