12尺度の因子Sについて(1)

YG性格検査は人の性格特性を12 の尺度(因子)から測定し、グラフ化にしてその因子の強弱の程度を5段階に区切って判定、診断します。

12の尺度の1つ、「因子S」について解説します。
Sは人間関係特性の側面から社会性を測定しています。

点が低いと(段階1,2)内向的になり

  • 自分の世界にばかり閉じこもろうとする
  • 独りになりたがる
  • 非社交的
  • 人間嫌い

を表し、組織・集団を避けます。
点の低い人は表に出たがらず、人前で何かすることは苦手です。

逆に点が高くなる(段階4,5)ほど外交的になり

  • 人との交際を好む
  • つき合い上手
  • 社交性に富む
  • 宴会を好む
  • 人間大好き

を表し、大勢の人の集まる所に入ることを苦にしません。
服装も派手好みです。
周囲に目立つことを平気でします。
お祭り騒ぎが大好きで、周囲が静まっていると、本人は耐えられずに1人で、はしゃいだりします。
人中に率先して入って行き、人を恐れずに目上の人や著名人にも話しかけたりします。
(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

12尺度の因子Sについて(2)

YG性格検査は人の性格特性を12 の尺度(因子)から測定し、グラフ化にしてその因子の強弱の程度を5段階に区切って判定、診断します。

12の尺度の1つ、「因子S」について解説の補足をします。
Sは人間関係特性の側面から社会性を測定しています。

因子Sは、因子Aと関連があり、点が近似しています。
因子Sの点が低い人は、相手を支配しないし、自分の世界に閉じこもり、変わりものと呼ばれたりもします。
しかし、独自の世界で独特の作品を創り上げたりします。
例えば、生産現場でどんな難しい故障でも直せる名人だったりします。

因子Sの点が低い社交的内向の人に、
人と折衝する仕事や接客の仕事
人に挨拶することを強要するような立場におく
と、ストレスが溜まってきます。
また、仕事に集中できないことが起こります。

逆に、因子と因子の双方の点が高い人は社交性に富み、
かつ、そうした集団の交際の中で自分が影響力を与えることや自己顕示欲を示すことを積極的に働きかけます。

その人の性格を知った上で配属することにより、その人の能力をより発揮することができます。
(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

YG性格検査のB型について

YG性格検査では、5つのパターン図(A,B,C,D,E)から性格の輪郭をつかむことができます。
型に優劣はありません。その中のB型について解説します。

B型は独善型と言われ、積極的なタイプです。YG性格検査の検査結果で表れるプロフィール図が右寄りで情緒不安定性と外向性(積極型)の性格タイプを表しています。
B型は、情緒特性の因子グループD,C,I,Nの点が高く情緒不安定性を表し、情緒特性はE型と同じタイプです。D型とは情緒特性部分で大きく相反するタイプです。
知覚特性の因子O,Coの点が高く、主観的で自分が正しいと思い込む頑固なところがあり、Dタイプの低い点と相反し、同じ積極的タイプでも組織内での活動に不適応の状態が出やすいです。

行動特性では、積極的・主体的・自律的で、行動が速く、決断が大胆な人で、社交的、リーダー意識も強く、人をリードします。
個性が強く、積極的でアイデアに富む人も多く、仕事ができ成果を上げる人です。チームで活動するよりも個として活動する方が力を発揮できるタイプです。

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner