社員を育成するためにYG性格検査を活用する

社員を育成するためにどのようなことをされているでしょうか。
多くの企業では、定期的に職場ごとの研修、職級別のステップアップ研修など集合型の研修制度を用いていらっしゃるでしょう。
組織全体の意識を高めるため、企業の理念、目標を浸透させるには集合型研修は効果があります。

それとは別に、現代社会においては、個別対応の細やかで適切な指導も必要とされてきており、 ここ最近では、YG性格検査を採用に活用するだけでなく、社員の育成に利用されておられる企業が増えてきています。
YG性格検査は個人の性格特性を客観的に明らかにするため、育成される社員と指導者が同じ問題意識をもつことができます。

多くの人は自分の性格特性を理解していません。
そのため、YG性格検査などの客観的な診断を用いることによって、育成される側と指導者側がコミュニケーションを取りながら進めていくことができます。
個別対応の細やかで適切な育成は、社員一人一人の目標が明確になり、やる気を出して仕事だけでなく生活全体において、成長するきっかけとなります。

社員の個性を大切にし、良いところを伸ばすことによる動機付けは、上司への信頼感も増します。
信頼感ができたところで、短所、課題について解決していく指導ができます。
性格検査といえば単に機械的に人を分析し、型を決めつけてしまうように思われがちですが、正しい用い方をすれば、社員も企業も双方に利益をもたらします。

社員のメンタルヘルス管理

今、企業のメンタルヘルス管理が必要となっています。
現代はストレス社会、うつ病を発症する人が増えてきています。
社会にとっても、企業にとっても見過ごすことのできません。
人の抱えるストレスの要因は様々です。
今、現在の社会生活、家庭生活にストレスを感じている人、過去においての身の回りに起きた出来事から、もがき苦しみを背負っている人も少なくないでしょう。

人はストレスよってダメージを受けると防衛機能が働き、 元の健康な状態(精神的に)に自ら立ち直ろうとする力、回復する力が働きます。
レジリエンスとはそれぞれがストレスに立ち向かおうとする意志、 ポジティブな力のことを言います。

現代社会においてはこのレジリエンスが求められています。
社員がダメージを受ける前にレジリエンスを知り、予防することが社員を守り、会社を守る手段の1つです。
メンタルヘルス検査の1つ、レジリエンス検査
・本人か感じている周囲の支援や協力
・自己問題解決能力
・協調性
・考えと行動のバランス
などを明らかにします。

レジリンス検査のメリット

  1. お手元で検査・判定できます(判定委託も可)
  2. 検査がおよそ10分と短時間
  3. 価格も安価 200円/人(税抜)

resi

YG性格検査は成果をあげている営業マンの適性がわかる

以前にも、営業職の適性を取り上げたことがありますように、 確かに営業職の適性はYG性格検査でわかります。
さらに今回は高い業績を上げている営業マンについてです。
YG性格検査の結果、営業職の適性があってもなかなか成果が出ない人が、中には おられます。
その理由はいくつかあるでしょうが、その1つに知能面があげられます。
営業の仕事は、戦略を立てることが必要ですし、 相手の先を読むことが求められます。
この能力は知能と大いに関係があります。

では、知能(IQ値)はどのくらいがよいのか?
これには、定義はありません。
お薦めできるのは、企業毎に自社の規定を決めることです。
ある企業では、社員の知能検査を行い、実際に成果をあげている営業マンから、採用基準値を設定しています。
必ずしも知能が高ければ、それと比例して業績も上がるわけでもありません。
高知能者になると今度は、思考が深くなり過ぎ、行動が遅くなる傾向があります。
高知能者はじっくり深く考える開発職、研究職などをお薦めいたします。

知能については、残念ながらYG性格検査で知ることができません。
その方の教育環境、生活環境などの影響をほとんど受けない検査方法によって測定できる知能テスト、キャッテルCFIT知能検査がおススメです。

chinokensa

現場リーダーはこんな人が望ましい

現場リーダー、班長には安定した積極型の人が好ましいです。

さらに

  • 利己的でなくまわりから人望がある
  • 面倒を見る
  • 人情味のある
  • 楽天的で明るい
  • 情緒が安定している
  • 技能力がある
  • 行動力がある

たとえ、技能が高く、優れていてもリーダー性の弱い人は避けるべきです。

現場リーダーはYG性格検査の型判定から、D型、C型の人が望ましいでしょう。

ですが、型判定だけで決めるのは大ざっぱ過ぎます。
12因子のプロフィール図の位置関係をみればもっと的確にわかります。

 

 性格特徴 因子
人望がある Ag
行動力のある人
計画性がある人
チームワークができる人 Co
客観的に見ることができる
気配りができる
情緒安定性 D・C・I・N
  • 現場リーダー(現場監督者)の判定については「YGテスト入門」の第2部 適材適所に掲載しています

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

12尺度の因子Dについて

YG性格検査は人の性格特性を12 の尺度(因子)から測定し、グラフ化にしてその因子の強弱の程度を5段階に区切って判定、診断します。

12の尺度の1つ、「因子D」について解説します。
Dは情緒特性の側面から抑うつ性を測定しています。

点が低いと(段階1,2)

  • 性格が明るい、
  • 楽天的(人生に明るい、見通しをもっているさま)、
  • 充実感(力が豊かにそなわってしっかりしている感じをもつ)、
  • 明朗(明るく朗らかなさま)

を表し、明るく周囲に好印象を与えます。
顔の表情にも表れています。

逆に点が高くなる(段階4,5)ほど気持ちが落ち込んで

  • 憂うつ(気持ちが晴々しないこと)、
  • 陰気
  • 無気力
  • 悲観的
  • 罪悪感
  • 虚脱感

を表し、心に悩みを持っていることが多く、因子Cの粗点も高いと神経症的な傾向を示します。
(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner