営業職向きの人かどうかはYG性格検査でわかります

YG性格検査の検査結果から最も明確にわかるのは営業職向きの人です。
業績の上げられるかどうかは、100%近い割合でわかります。
これはYG性格検査を実施したプロフィール表(グラフ)から読み取ることができます。
営業職はD型典型の人であることが好ましいのですがそれだけでは大まかすぎます。
さらに12の尺度、プロフィール表の1つ1つの座標位置から読み取ります。
つまり、D型だから営業職向きというわけではありません。

まずは情緒が安定しているかを見ます。
YG性格検査のプロフィール表の上から4つは情緒特性を表す因子D,C,I,Nです。
この座標が左寄り(2~3ゾーン)に集まっていること、
さらにD,C,I,Nの微妙なバランスもあります。
この4つの座標の位置関係も見ます。
graph01(上からD,C,I,N)
4つの内、CとNが右に寄っているかです。
つまり、Cが左に寄りすぎると冷静過ぎて、営業に必要な人情味が薄れますし、Nも落ち着きを過ぎて無神経、鈍感さが出てきます。
(詳しくはYGテスト入門の4つの性格特性に掲載)

次にYG性格検査のプロフィール表の下段にある行動特性を表すAg,G,R,Tを見てみましょう。
graph02(上からAg,G,R,T)
この4つが右寄り(4~5ゾーン)にあること、さらに4つの位置関係を見てみますと G,R,Tの座標の位置関係がG>R>Tであることが最も望ましいでしょう。
それは計画性を判断するのにGを基点に見るからです。
この並びの人は熟慮型を表します。
行動力を示すGの座標が5のゾーンであれば、なお望ましいでしょう。
(詳しくはYGテスト入門 の4つの特性、応用編:適材適所の営業職の項に掲載)

 

webbanner

社員の1人1人の適切な育成に活用されています

社員を育成するために、定期的にまた段階的に研修を実施している企業は多いでしょう。
YG性格検査も社員の育成に効果的に利用できます。
YG性格検査を使う利点は、社員一人ひとりが抱えている課題について個別に取り組みながら育成できることです。
集合型研修ではできない細かな育成と指導が可能です。

YG性格検査はその人の性格特性を客観的に明らかにするため、指導する側と社員とが同じ問題意識をもち、コミュニケーションをとりながら解決していくことができます。
個別対応の適確な育成は社員にやる気を出させ、大きく成長させるきっかけとなります。
指導する側は、社員一人ひとりの個性を大切に、良きところを伸ばしてあげる心で動機づけをします。
短所でも、本人に知ってもらう方が成長になる大事なことは率直に話します。
例えば、「意欲が低い」「行動不活発」「思慮が浅い」「主観的で独善的」などの傾向が強い人には、人格を傷つけないようにアドバイスをします。
人は自分のことをわかっているようで、気づいていなかったり、認めていなかったりするところがあります。自己理解ができるとそこから進歩が始まります。

YG性格検査は、単に機械的に人を分析し、類型に分類して、決めつけてしまうものではありません。
刃物も有用ですが、目的を間違えたり、使い方を間違ったりすれば恐ろしいことになります。
YG性格検査は、手軽にどの組織でも使えます。検査を実施する側は事前に充分に心して、人を活かすために、YG性格検査を使っていただきたい。(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

上司がE型社員の長所を伸ばした事例

社員の性格は様々ですが、5つの性格パターン(A・B・C・D・E)があります。
その中のE型は情緒不安定の上に、消極性・非社交性で人材としては敬遠されてきました。
しかし、E型はユニークで創造性を秘めている人たちです。
そこで異色型・寡黙の人と名付けました。
このように長所を見つけて能力を引き出すのは上司の役割です。

ある流通業のコンサルティングを始めた時、管理職およそ20名のYG性格検査を施行しました。
驚いたことに総務経理部長AさんはE型でした。
部長らしい素振りが全くない姿勢の低い人で、「人の上に立つのは苦手、人前で話すのは嫌いだ」と謙虚におっしゃいました。
しかし、発想は豊かで人事政策を無理強いせずに実行してしまう人で、社員からは好感を持たれる人柄でした。
Aさんの誠実な性格、これと思うことを自分でやり遂げる信念に、目を留めて引き上げたのは社長でした。

社員は各々長所を持っており、その長所が伸びていくときに弱点も小さくなっていきます。
大事なことは本人を動機づけることです。
この会社の経営者は一人一人の個性の良さを伸ばす、発揮させるというヒューマン・スキルで管理職を育てられていました。
そのように育てられた管理職の方々も業務達成には厳しいが、おおらかな人達で、部下のその人らしさを大切にし、上手に引き出し、やる気に点火していました。
YG性格検査はその人らしさを知るためのツールです。
(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

なぜ検査結果は12の尺度なのか

YG性格検査は被検査者の状態を12の尺度(因子)で測定します。
その検査結果を基にプロフィール表(グラフ)の作成や型判定をしています。
この12の尺度について、それぞれ何を意味しているかを理解することがYG性格検査の利用者にとって非常に重要です。

人間の性格を12の尺度で測定することに注目すると、12個だけの切口だけでよいのか?という疑問があがります。
当然、完全ではないでしょう。
しかし、YG性格検査の原型の開発者であるギルフォード博士、また、その理論を引き継ぎ、YG性格検査を完成させた矢田部教授、辻岡教授らは、これで充分と判断しました。
尺度が多くあれば、人間の性格特性をより精密に測定できたかも知れません。
しかし、そうなるとキリがありません。
複雑になれば、私たち人の性格を短時間で容易に分析・評価できないことになります。
12の尺度は、人の性格をとらえるのに充分且つ必要最小限のものです。

12尺度(D C I N O Co Ag G R T A S)については「人を知るためにYG性格検査が活用されているのは」をご覧ください。

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

12尺度の因子Dについて

YG性格検査は人の性格特性を12 の尺度(因子)から測定し、グラフ化にしてその因子の強弱の程度を5段階に区切って判定、診断します。

12の尺度の1つ、「因子D」について解説します。
Dは情緒特性の側面から抑うつ性を測定しています。

点が低いと(段階1,2)

  • 性格が明るい、
  • 楽天的(人生に明るい、見通しをもっているさま)、
  • 充実感(力が豊かにそなわってしっかりしている感じをもつ)、
  • 明朗(明るく朗らかなさま)

を表し、明るく周囲に好印象を与えます。
顔の表情にも表れています。

逆に点が高くなる(段階4,5)ほど気持ちが落ち込んで

  • 憂うつ(気持ちが晴々しないこと)、
  • 陰気
  • 無気力
  • 悲観的
  • 罪悪感
  • 虚脱感

を表し、心に悩みを持っていることが多く、因子Cの粗点も高いと神経症的な傾向を示します。
(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

12尺度の因子Cについて

YG性格検査は人の性格特性を12 の尺度(因子)から測定し、グラフ化にしてその因子の強弱の程度を5段階に区切って判定、診断します。

12の尺度の1つ、「因子C」について解説します。
Cは情緒特性の側面から気分の変化を測定しています。

点が低いと(段階1,2)

  • 冷静(落ち着いていてその場の感情に動かされないさま)
  • 気持ちが冷たい
  • 同情がない
  • 感情がない

ことを表し、低すぎると冷徹すぎて冷ややかな考えをします。
適度な人間的温かさも組織の中にいる人には欲しいところです。

逆に点が高いと(段階4,5)

  • 感情的( 理性を失って感情に走るさま)
  • 感情の起伏がある
  • 激情(とどめがたいほどの激しく強い感情)におそわれる

ことを表します。因子Nの粗点も合わせて高い人は、興奮すると感情が制御できなくなり、ヒステリー的な状態になる傾向があります。
因子Dの高い粗点が重なると神経症的な傾向を示します。

12尺度の因子Iについて

YG性格検査は人の性格特性を12 の尺度(因子)から測定し、グラフ化にしてその因子の強弱の程度を5段階に区切って判定、診断します。

12の尺度の1つ、「因子I」について解説します。
Iは情緒特性の側面から劣等感を測定しています。

点が低いと(段階1,2)

  • 自信(自己を信頼する力)に満ちている
  • 自信過剰
  • 自信家(自分の正しさを信じて疑わないこと)

を表し、点が低すぎると自信過剰で高慢さが表面に出てくると問題です。
組織の中では謙虚さも必要です。

逆に点が高くなる(段階4,5)ほど劣等感が強くなり

  • 自分が人より劣っている
  • 自分は水準より低いという意識

を表します。劣等感が強すぎると、冷静な判断ができず、物事を悪い方向に受けとめてしまいます。

中間(段階3)にある適度な劣等感は人に対して謙虚な姿勢を表します。

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

12尺度の因子Nについて

YG性格検査は人の性格特性を12 の尺度(因子)から測定し、グラフ化にしてその因子の強弱の程度を5段階に区切って判定、診断します。

12の尺度の1つ、「因子N」について解説します。
Nは情緒特性の側面から神経質を測定しています。

点が低いと(段階1,2)

  • 落ち着きがある
  • 安定感
  • 鈍感
  • 無神経

を表します。
点が低い人の中には、普通であれば「痛い」と叫んでしまうような怪我を負っても、何事もなかったような素振りでいることがあります。
このような人は仕事でも、残業が続いても苦情を言わない人です。

逆に点が高くなる(段階4,5)ほど敏感で

  • 些細なことにも感応する
  • 神経質
  • 神経過敏

を表し、神経質で、細かいことが気になり始めると、先々のことが心配で取り越し苦労をします。
些細なことに神経を使います。

中間点(段階3)に近いと、適度に神経を使い、気配りのできる人です。

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

12尺度の因子Coについて

YG性格検査は人の性格特性を12 の尺度(因子)から測定し、グラフ化にしてその因子の強弱の程度を5段階に区切って判定、診断します。

12の尺度の1つ、「因子Co」について解説します。
Coは人間関係特性の側面から協調性を測定しています。

点が低いと(段階1,2)

  • 協調的(性格・考え方などの異なった者どうしが、互いに譲り合って調和していこうとすること=協同調和の意)
  • 相手を信頼し開放的
  • 警戒心が低い

さまを表します。
見知らぬ人とも警戒せずに対応するため、だまされたりもしますが、人に好感をもたれます。
チームワークのメンバーとして適切な人材です。

また、営業担当者として、営業のスキルには乏しいが、お客様に可愛がられて高い受注高を得ている人もいます。

因子Oと因子Coの双方の点が低い人は、人に妥協しやすいと言えます。
行動特性因子Agの点も低いとその傾向は強まり、人の言いなりになりやすい人です。

逆に点が高くなる(段階4,5)ほど

  • 非協調的(協調的でないさま)
  • 人を警戒し信用しない
  • 人に対して用心深い

ことを表します。

事例として、スポーツ選手の場合は、団体競技より陸上競技や武道のような単独競技をする傾向にあります。
野球は団体競技ですがピッチャーには、このタイプの人が多くいます。
打者に対する警戒心、自分のピッチングスタイルにこだわるなど、行動態様が非協調性を表しています。

ある非協調的(段階4)な営業担当者は、お客様の表面的な発言を鵜呑みにせず、真の心の願いを傾聴しました。
その結果、お客様との信頼関係が深まりました。
営業成績も常にトップです。

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

12尺度の因子Agについて(1)

YG性格検査は人の性格特性を12 の尺度(因子)から測定し、グラフ化にしてその因子の強弱の程度を5段階に区切って判定、診断します。

12の尺度の1つ、「因子Ag」について解説します。
Agは行動特性の側面から攻撃性を測定しています。

点が低いと(段階1,2)攻撃的ではなく

  • やさしく温厚
  • 人当たりがよい
  • 物事や目標に対して意欲をもろに示さない
  • 人に強い言葉で迫らない
  • 目標意識の欠如
  • 消極的姿勢
  • 怒りを現さない
  • 気長

などを表します。
温順な人ですが、業績で良い結果を出せない人が多く、
押しが弱い、クロージングに弱いので、管理者だと物足りなさを感じます。

逆に点が高くなる(段階4,5)ほど攻撃性が強くなり

  • 積極的姿勢
  • 主体的
  • 物事や目標に対して達成しようとする意欲
  • 性急さ
  • 人に対して攻め打つこと
  • 悪い点を取り立てて非難すること
  • 短気
  • 攻撃的

ことを表します。

特に点が高い人は社会的不適応の因子でもあり、組織や周囲にトラブルをもたらすことが多いです。
その働きの積極性が、逆に人に嫌われたりもします。
ただし、営業担当者や管理者であれば、段階4ぐらいの点が必要です。

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner