YG性格検査を活用した 研究・技術・開発職の採用

採用などの面接では、消極的にみえて印象のよくない方がおられます。
YG性格検査の型判定(15種類に分類)では主にE型=異色型・寡黙の人と判定されるグループの方に多く見られます。

情緒が不安定で、非活動的な方で、ちょっと一般常識からずれていて、と採用に敬遠されがちなタイプです。
しかし、このタイプの方の中には、創造性が豊かで、優れたユニークな発想をされる方がおられます。
芸術や技術的な才能を持っている方も多く、その能力を活かした職種に就くと、才能を発揮し、成果をあげることもあります。
思考性が内向きだからこそ、一つのことに集中し、深く思考できる適性があります。
その反面、人とのコミュニケーション、社交性を苦手とし、不都合があると自分のうちに閉じこもってしまいます。
ですから、その方のもつ才能が社会で活かされてないことが多いようです。
このような人こそ、これから発展、飛躍しようとしている企業、常識に囚われない新しいアイデア、技術の開発を目指す企業には必要な人です。
ただし、研究、開発など知的作業に携わる方には、一般よりも高い知能レベルが求められますので、YG性格検査とあわせて、キャッテルCFIT知能検査をされることをお勧めいたします。

技術職に向く人

技術職はその職種によって好ましいタイプが違います。

例えば、毎日変わらずコツコツと安定した技能が求められる仕事は情緒が安定したC型が向いているでしょう。

一方、開発系の技術職には情緒不安定で思い込みが強いE型の人が多く、創造性豊かな才能を発揮しています。

技術職はYG性格検査の型判定から、C型、E型に多く見られますが、どちらのタイプでも細かいことを忍耐強く、黙々と根を詰めて作業できる人、物事を深く考え探求できる人に適性があります。これらのことは、12因子のプロフィール図の位置関係でもっと的確にわかります。

特に物事を深く探求できる人はT因子が2ゾーンにある人です。

 性格特徴 因子
物事を深く考える人 G・R・T
物事を探求できる人
ある程度主観性のある人
まわりのことに構わず熱中する人 Co
寡黙な人 S・A
慎重な人
温厚な人 Ag
情緒安定性 D・C・I・N
  •  技術職の判定については「YGテスト入門」の第2部 適材適所に掲載しています

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

上司がE型社員の長所を伸ばした事例

社員の性格は様々ですが、5つの性格パターン(A・B・C・D・E)があります。
その中のE型は情緒不安定の上に、消極性・非社交性で人材としては敬遠されてきました。
しかし、E型はユニークで創造性を秘めている人たちです。
そこで異色型・寡黙の人と名付けました。
このように長所を見つけて能力を引き出すのは上司の役割です。

ある流通業のコンサルティングを始めた時、管理職およそ20名のYG性格検査を施行しました。
驚いたことに総務経理部長AさんはE型でした。
部長らしい素振りが全くない姿勢の低い人で、「人の上に立つのは苦手、人前で話すのは嫌いだ」と謙虚におっしゃいました。
しかし、発想は豊かで人事政策を無理強いせずに実行してしまう人で、社員からは好感を持たれる人柄でした。
Aさんの誠実な性格、これと思うことを自分でやり遂げる信念に、目を留めて引き上げたのは社長でした。

社員は各々長所を持っており、その長所が伸びていくときに弱点も小さくなっていきます。
大事なことは本人を動機づけることです。
この会社の経営者は一人一人の個性の良さを伸ばす、発揮させるというヒューマン・スキルで管理職を育てられていました。
そのように育てられた管理職の方々も業務達成には厳しいが、おおらかな人達で、部下のその人らしさを大切にし、上手に引き出し、やる気に点火していました。
YG性格検査はその人らしさを知るためのツールです。
(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

情緒不安定で消極的な社員の育成について

情緒が不安定で消極的な人は、YG性格検査の結果、型判定(A,B,C,D,E)がE型・E準型が該当します。
このタイプの社員の育成、指導には十分な配慮が必要です。

意欲性(主体性)の因子Agの点が低く、おとなしい人です。
情緒不安定なところはB型と同じですが、B型と違って因子Agから因子G、因子R、因子T、因子A、因子Sの点が低い人です。寡黙で、コツコツと仕事はしますが、積極性がありません。自分の気に入ったことは没頭しますが、気に入らないと速度が落ちたり、手を休めたりします。

また、因子Oの点が高いと、空想的世界に入って、他人を寄せ付けないところがあります。自分の専門分野には詳しく饒舌になり、周りのことが見えなくなるほど話します。

このような人には、育成する前に、話を十分に聴き、感情移入によって相手を理解し、受容してあげることが大事です。思いやりを先に持ち、信頼関係の上でなければコミュニケーションが進みません。

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner