12尺度の因子Nについて

YG性格検査は人の性格特性を12 の尺度(因子)から測定し、グラフ化にしてその因子の強弱の程度を5段階に区切って判定、診断します。

12の尺度の1つ、「因子N」について解説します。
Nは情緒特性の側面から神経質を測定しています。

点が低いと(段階1,2)

  • 落ち着きがある
  • 安定感
  • 鈍感
  • 無神経

を表します。
点が低い人の中には、普通であれば「痛い」と叫んでしまうような怪我を負っても、何事もなかったような素振りでいることがあります。
このような人は仕事でも、残業が続いても苦情を言わない人です。

逆に点が高くなる(段階4,5)ほど敏感で

  • 些細なことにも感応する
  • 神経質
  • 神経過敏

を表し、神経質で、細かいことが気になり始めると、先々のことが心配で取り越し苦労をします。
些細なことに神経を使います。

中間点(段階3)に近いと、適度に神経を使い、気配りのできる人です。

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner