YG性格検査は型判定だけで判断するのは危険です

YG性格検査を実施すると大きく5つの型(A型・B型・C型・D型・E型)に判定できます。
採用に利用する時にこの型だけで判定するのは危険です。

判定はプロフィール図(グラフ)から読み解く

先日も、弊社に診断依頼をされたお客様から問い合わせがありました。

問い合わせ内容は
「型判定はD型(管理者タイプ)となっているのに、適性判定では リーダーと管理者の適性が5段階判定で『1』しかないのはどうしてか」と言うことでした。

確かに型判定では管理者タイプのD型となっています。これは情緒が安定し、社会適応性があるタイプを指しています。
しかし、必ずしもD型の人がリーダーシップをとるタイプではありません。D型の中にも消極的な人も多くいます。
リーダーシップのある管理者向きの人をお探しなら、プロフィール図(グラフ)から判定していただく必要があります。

リーダーシップのある人とは

積極的な人

積極性・消極性は、12個の因子のうち「Ag」の位置から判ります。

行動力のある人

気持ちは積極的でも行動が伴わない人もいます。
これは因子Agと因子Gの位置関係から判ります。

行動特性を見る

プロフィール図から計画性のある人・ない人を読み取ります。行動特性が 熟慮型・果断型・順応型・衝動型 のいずれであるかが判定基準です。これは因子G、因子R、因子Tの位置関係から判ります。

順応型や衝動型の人はリーダーシップを取ることや管理することには向きません。
YG性格検査の判定結果がD型の人の中にも順応型、衝動型の人がいます。採用・配属には注意してください。
詳しくは書籍「YGテスト入門」で解説しています。

 

webbanner

仕事の効率は性格に左右されます

人は性格によって行動のとり方が異なります。
YG性格検査を利用すれば、主体性・活動性・計画性がわかり、長所短所から
・仕事のスピードが速い人
・フットワークがある人
・積極的な人
・几帳面な人
・温厚な人
・従順な人
・依存的な人
・消極的な人
・人に任せられない
・衝動的な人
などが判ります。適性を知ることができる検査です。

行動によって仕事の向き不向きがありますから、人材の採用、配属において、面接前に適性検査として利用すればミスマッチを防げます。
また、行動は生まれ持った性格ではなく、その人の生き方、姿勢、心構えで変化します。
社員の性格をよく知り、能力の発揮を促す育成もYG性格検査を利用すればできます。

YG性格検査の因子G,R,Tによって行動特性を4つの行動型に判定できます。
・熟慮的で深い考えから計画性のある行動
・思い切りの良い行動
・自ら決断せずまわりに順応した行動
・考えが浅く思いつきの行動

型判定でD型(管理者型)の中にも考えが浅く計画のない人や意欲はあるが行動を伴わない人がいます。型判定だけで決めつけず、行動特性をよく見ることが必要です。