12尺度の因子Nについて

YG性格検査は人の性格特性を12 の尺度(因子)から測定し、グラフ化にしてその因子の強弱の程度を5段階に区切って判定、診断します。

12の尺度の1つ、「因子N」について解説します。
Nは情緒特性の側面から神経質を測定しています。

点が低いと(段階1,2)

  • 落ち着きがある
  • 安定感
  • 鈍感
  • 無神経

を表します。
点が低い人の中には、普通であれば「痛い」と叫んでしまうような怪我を負っても、何事もなかったような素振りでいることがあります。
このような人は仕事でも、残業が続いても苦情を言わない人です。

逆に点が高くなる(段階4,5)ほど敏感で

  • 些細なことにも感応する
  • 神経質
  • 神経過敏

を表し、神経質で、細かいことが気になり始めると、先々のことが心配で取り越し苦労をします。
些細なことに神経を使います。

中間点(段階3)に近いと、適度に神経を使い、気配りのできる人です。

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

YG性格検査でその人の情緒を測定することができます

YG性格検査は人の性格特性を12 の尺度から測定し、その尺度(因子)の強弱の程度を検査結果にわかりやすく表現します。それを表したのがプロフィール図です。
また、この12の尺度(因子)は4つ側面に分けられます。
4つの側面から

  • 情緒特性
  • 人間関係特性
  • 行動特性
  • 知的活動特性

を評価することができ、被検査者の性格特性をつかむのに役立ちます。

情緒特性

情緒特性は後天的に変化し、精神的な衝突でも変化が起こる性格の特性です。YG性格検査を利用すれば、被検査者の現在の情緒を測定することができます。

因子D,C,I,Nをグループとして見ることで情緒特性を読み取れます。
因子D,C,I,Nの点数が低いと

  • 顔が明るい
  • 冷静
  • 自信がある
  • 落ち着いている

情緒安定傾向にあることがわかります。低すぎると冷淡、無神経、自信過剰と温かみがありません。

因子D,C,I,Nの点数が高いと

  • 憂うつ
  • 感情的
  • 自信なさ
  • 神経過敏

と情緒不安定傾向にあります。4つの因子すべてが高い点に集まると情緒不安定を超えて自己を失い虚脱感があることを現しています。

1つの因子だけが突出して高い場合、例えば因子Nだけ得点が高いと、神経質的傾向を強く示します。

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner