なぜ性格を調べる必要があるのでしょうか

自分のことは自分がよくわかっていると思っていらっしゃるかもしれませんが
性格の大部分は無意識なものです。
自分の性格に気づいていない、気づけないのが人間です。
例えば、友人と会う約束をしていたとします。

  • 約束時間に十分な余裕を持って待ち合わせ場所に行く
  • 出かけるならと所用をついでに済ませて待ち合わせ時間ギリギリに行く
  • 約束時間キッチリに行く
  • 約束時間間に合わない
  • 約束をしていたことを忘れてしまう

など様々でしょう。
ですが、待ち合わせに遅れてくる人は大概いつも遅れてきます。
また、あなたは電車に乗る位置や座る席なども決まっていないでしょうか。
自分では、なぜそのような行動を取ったのか、その理由については気がついていません。
理由があって、同じ行動パターンが時間をかけて形成されて無意識となっていくものもあれば、癖などのように、まったく無意識のうちに備わっているものもあります。
それらが無意識な性格による行動です。
研究者によると人間の行動の95%は無意識な行動だとも言われています。
考えてみれば恐ろしいですね。
このような無意識な性格はまわりから指摘されて初めて気づくなど、自分自身では気づきにくいものです。

ですから、自己を知ること、自分の性格を知ることが必要です。
自分というものが理解できて初めて、自己成長ができるからです。
社員の育成に携わる方、管理職の方こそ自分を知ることが必要です。
自分を知ることによって人との関わり方が変わります。コミュニケーションがよくなります。

性格は変わりますか

人の性格は変わるモノでしょうか?
答えは変わる部分と変わらない部分があります。
変わらない部分というのは、先天的な気質という部分で、親からの遺伝によって決まります。
この気質というものは一生変わりません。

では、変わる部分とは?
成長する段階の環境、経験から身につけていった後天的な部分です。
人の性格は先天的な気質を核にして、そのまわりに後天的な性格が覆っているため、表面に見えているのは後天的な部分の性格です。
後天的な性格の中でも、
幼児期の環境から身に付いた部分
学習によって付いた部分(社会的性格)
現在の立場による部分(役割性格)
と層になっています。
下層ほど隠されていて変化しにくく、逆に教育によって変化するのは社会的性格、役割性格の部分です。
企業が教育するのは社会的性格・役割性格部分になります。

企業が新卒者を採用するのは、社会的性格、役割性格を教育しやすいからです。
また、逆に中途採用によって、すでに優れた教育を受けた人を受け入れることもできます。
その見極めにYG性格検査が活用されています。
採用する人の教育効果を予測することができるからです。
そして、その人の性格に見合った教育をすれば、企業にとって必要とする人材に成長することでしょう。

YG性格検査は外国人に使えますか

国内でまた海外で外国の方を雇用する企業が増えてきています。
そのため、外国の方にYG性格検査を使用したいという問い合わせをいただくようになりました。

YG性格検査は.P.ギルフォード(南カリフォルニア大学教授)が考案した性格検査モデルを 矢田部達郎(元京都大学教授)、辻岡美延(関西大学名誉教授)、園原太郎(京都大学名誉教授)らが 日本人向けの性格検査として構成し、妥当化、実用化を経て検査用紙が完成しました。
ですから、日本人以外の性格検査としては不向きです。
被検査者の生まれ育った国に合った性格検査が必要です。

逆に「キャッテルCFIT知能検査」は従来の知能検査と異なり、 生まれ育った環境に左右されずに純粋な知能を測定できる検査です。
欧米をはじめ、世界23か国以上で使用されていますので、外国の方にも使用していただけます。
キャッテルCFIT知能検査は、出題される問題もすべて図で表示されておりますので、設問には日本語は一切出てきません。
手引書の例題の説明を被検査者の国で理解できることばに置き換えて説明すれば、どの国の方にも同じように知能検査がお手元でできます。
外国人の採用試験にも有効です。

chinokensa

なぜYG性格検査と知能検査を行うのですか

社員の採用、配属において用いられている検査が大きく2種類あります。
性格検査と知能検査です。
YG性格検査ではその方の性格から適職がわかります。
例えば、営業職向きの性格でいえば、
積極的で行動・着手が早い
大胆な決断のできる
社交性がある
思慮深い

これらは、YG性格検査を実施することでわかります。
(詳しくはYG性格検査で適職がわかるのかをごらんください)

ただし、性格と知能は別の能力です。
営業職ならば、お客様が何を望んでいるのか、どうすれば喜んでいただけるのか、脳内の様々な力を働かせて、最適な状態を導き出すことができる能力、これが知能による働きです。
知能が高い人はこの知的活動を効率よく、脳内で繰り返し処理できます。
情報処理能力が優れているからです。
逆に知能が高くない人は、出来事が起こって、必要とされてから、必要な情報を取り出しに行くといったように、情報に対する処理能力に差があります。
ですから、知能は知的な仕事ではもちろんのこと、ほとんどの職業でも求められている能力です。
この情報処理能力や柔軟な発想転換能力などを測定するのが知能検査です。
では、どれくらい知能があればよいのか、気になるところですが、これは職種によって異なります。
知る方法としては、現社員の知能検査を実施し、その企業の職種に必要とされる知能を調べてみる必要があります。
知能検査の検査結果データから、職種、役職に必要な知能指数を企業独自に決められるといいでしょう。

chinokensa

「心理テストはウソでした」って聞いたけど本当なの?

心理テストに関する書籍は数多くありますが、その中に「心理テストはウソでした」という表題の本があります。
心理テストといっても夢診断や自分がなりたい動物を選択させることで、その人の心理状態を解くモノから、企業の採用時に使用するものまで幅広くあります。

一般に企業で使用されている適性検査は、社員の採用時に使用することが多く、適性検査の結果を本人に伝える機会がほとんどありません。被験者にとって、懐疑的になるのはこのためではないでしょうか。
このことについては弊社が管理するページ「心理テストはウソ?」に記載しています。

企業によっては採用時以外にも、配置転換や適正な社員教育をするために、また、啓発を促すために適性検査を活用されていらっしゃいます。
弊社では、企業様から社員育成のためにYG性格検査結果から診断して欲しいという依頼を受けており、希望される企業様にはお電話でフォローアップをしています。

先日も、数十人の診断を依頼された経営者の方とお電話で話す機会がありました。
こちらが、診断結果の中からAさんとBさんについて
「この方たちの働き方に問題はありませんか」と、たずねると
「それが、どのような仕事をしてもらったらいいのかちょうど悩んでいました。」
と驚きまじりの返答がありました。
そして、Aさん、Bさん、それぞれに向く仕事のアドバイスをさせていただきました。

他にも多くの事例がありますが、YG性格検査の結果からはその方に向く職種がわかります。

ホンマでっか!?TV で取り上げられたタイプ分け診断とは

タレントの明石家さんまさんがMCを務める人気番組、「ホンマでっか!?TV」2015年10月14日放送では番組出演者を心理学から5つのタイプ分けに診断していました。
その基になったのが、YG性格検査(矢田部ギルフォード性格検査)です。
5つのタイプを紹介する前に
「ホンマでっか」のタイプ分けとは
人類全ての人が5つのいずれかに当てはまること
5つのタイプには優劣がないこと
米国では5つのタイプ全ての人が配置されるように面接を行っている企業もある
米国の小学校で学級崩壊が起こらないクラスには5つのタイプすべての生徒がいること
と紹介されていました。

番組では、著者の命名で紹介していましたが、これは誤解を受けやすいため、
YG性格検査では頭文字でグループ分けをしています。
5つのタイプに優劣なく、番組の出演者をご覧になってお分かりだとは思いますが、
それぞれのタイプに優秀な人材がいます。

番組で紹介した順に見ていくと

カームタイプ
Calm type
(YG性格検査のC型)
内向的
安定
自分の中に哲学がある
きめ付けが激しい
頑固なところがある
なかなか動き出さない(納得するまで)
方向性がぶれない
ディレクタータイプ
Director type
(YG性格検査のD型)
 外向的
安定
太陽のように輝く
気配り上手なリーダー
積極的に前に出る
自信があり押しが強い
恥じらいがない
エキセントリックタイプ
Eccentric type
(YG性格検査のE型)
内向的
不安定
自分の世界にこもる
自分大好き不思議ちゃん
心配性でストレスを溜める
マイペースで好きなことだけはコツコツ
オリジナルなものを作る
ブラックリストタイプ
Black-list type
(YG性格検査のB型)
外向的
不安定
しゃしゃり出て気分にムラがある
ロックな破壊屋
喜怒哀楽が激しい
すぐに気が変わる
人目を引く行動
表現がオーバー
アベレージタイプ
Average type
(YG性格検査のA型)
平均的 場の空気を読む
人に合わせてしまう
社会的常識がある
なかなか本音を言わない

内向的:自分の中の基準や世界を大事にする
外向的:自分の外に興味があり、積極的に前に出る
番組出演者のタイプについては番組出演者のタイプは?をご覧ください。

ホンマでっか!?TV 番組出演者のタイプは?

「ホンマでっか!?TV」というタレントの明石家さんまさんがMCを務める人気番組では番組出演者の性格タイプを心理学から診断していました。(2015年10月14日放送)
その基になったのが、YG性格検査(矢田部ギルフォード性格検査)です。
全人類が5つのいずれかにタイプできるというタイプの説明は →こちら

「ホンマでっか!?TV」出演者のタイプ

YG性格検査は自己の回答からの診断です。
120問の質問を直感で答えることによって、その人の性格を診断します。
「ホンマでっか!?TV」では周りの人にアンケートをとり、その人の性格を心理評論家が診断しています。

では出演者のタイプを見ていくと

カームタイプ(YG性格検査のC型)
マツコ・デラックス、吉田 敬(ブラックマヨネーズ)
池田清彦(生物学評論家)

ディレクタータイプ(YG性格検査のD型)
磯野貴理子、加藤綾子(フジテレビアナウンサー)、
重太みゆき(印象評論家)、武田邦彦(環境評論家)、堀井亜生(法律評論家)、森智恵子(美肌評論家)

エキセントリックタイプ(YG性格検査のE型)
門倉貴史(経済評論家)、杉浦義典(異常心理評論家)

ブラックリストタイプ(YG性格検査のB型)
植木理恵(行動心理評論家)

アベレージタイプ(YG性格検査のA型)
小杉竜一(ブラックマヨネーズ)
おおたわ史絵(医療評論家)

MCの明石家さんま は、出演者の予想を超えてエキセントリックタイプでした。

YG性格検査でもE型の人は企業や組織に収まらず、芸術・芸能に秀でた才能があることが診断からわかります。

「ホンマでっか!?TV」出演者のタイプ診断から

この番組「ホンマでっか!?TV」の出演者に5つのタイプすべてが揃っています。
このことが、この番組が2009年からと長く続き、人気番組となっている理由の1つと考えられます。

YG性格検査をするにはどのくらい時間がかかりますか

YG性格検査実施時間
YG性格検査を実施する時間はおよそ20分ほどです。
検査用紙には質問項目が記載していありますが、被検者が質問文を読んで回答するのではなく、検査官が質問を読み上げることをお勧めしています。

検査官が質問を一定の速度で読み上げて実施する(強制速度法)ことで回答時間を制限し、被検者は質問に対して直感的に回答します。直感的な回答を得ることでより正確な検査を実施することができます。

  • 検査実施用CDもあります。検査官に代わって、検査の進め方の説明からすべて音声によって実施することができます。

YG性格検査採点時間
YG性格検査のメリットはお手元で直ぐに採点、診断ができることです。
YG性格検査の採点にかかる時間は数分もあればできますが、慣れるまでは時間が多少かかります。
また、判定・診断についても最初は時間が掛かります。
書籍をよく読んで理解し、どこに判定基準を置くのかが貴社で決まっていれば、時間をかけずにできるようになります。

時間のない方へ
YG性格検査の判定・診断をする時間が無い法人様のためにオプションサービス(有料)もご用意しております。詳しくはYG診断をご覧ください。

 

#YG性格検査#検査時間#採点時間#強制速読法#質問読み上げ#回答時間#採用#適性検査

なぜwebではなく検査用紙なのですか?

現代はwebで簡単に検査ができますが、検査用紙を使用することのメリットがあります。

 

低コスト

検査用紙は一部220円(税別)と他の適性検査に比べて非常に安価です。
また、初期導入コストもマニュアル、解説書などの書籍購入程度。

 

確かな妥当性

心理学者が作成し、学会や論文などで客観的評価を受けた心理学的根拠に基づいた本格的で信頼性の高い性格検査です。
安易な回答がされにくいように検査用紙にも心理的配慮があります。

 

Face to Face

顔を合わせることによって「反応歪曲」を防ぐことにつながります。
採用試験など利害関係が絡む場合はどうしても回答にウソが入りやすくなります。
それを防ぐためには正しい動機付けを行うことが大切です。
被検者に「ウソをつくことの不利益」を理解してもらえるように説明し、順序正しく検査を進行することが大切です。

受検態度も重要な採用ポイントの一つです。
話を聴く態度、受検前後の様子などは階を合わせて行わないとわからないことも多々あります。
記入された検査用紙の筆跡からもその人の人となりが読み取れます。

 

手軽な運用

検査の実施は1人から多人数の集団検査まで可能です。
その時々に応じて、検査を実施~採点~判定を全て、お手元で出来ます。

判定は設問ごとの因子が明確でオープンにされているため、担当者が一人一人を詳細に分析でき、自信を持って判断をすることができます。

 

導入実績多数

昭和33年の発売開始以来、1万を超える企業・自治体・団体・国家機関で活用されています。
長い歴史と信頼があります。

特に中小企業の採用時に適性検査として利用されています。

[引用]竹井機器工業(株)心理検査カタログ