サービス職の採用にYG性格検査を利用すれば適性のある人がわかる

サービス職は実に広範囲な職業です。
売店員、販売外交員、保険外交員などの営業を兼ねたサービスもあれば、ホテルやショッピングセンターなどでの接客、理容師や美容師、ホームヘルパーなど技術をサービスする仕事もあり、その内容は様々です。
共通することは、おもに個人を対象にサービスを提供する、従事していることです。
現代日本においてはモノを作る仕事より、サービスを提供している人の方が多いのではないでしょうか。
このサービス職には訓練が必要ですが、やはり性格の向き不向きがあります。
サービスは人と接する仕事ですから、心からのサービスがなければお客さまを感動させることはできませんし、本人にとっても大変なストレスを抱える仕事になります。
では、どのような人が向いているのでしょうか。

  • 人に対してわだかまりのない人
  • 明るい人
  • 楽しい人
  • 親切な人

がサービス職に向いています。このような性向の人をYG性格検査を実施することで明らかになります。

YG性格検査の12の視点のうち、特に次の4つの項目に注目します。
活動性・のんき性・社会性・支配性

サービス職に向く性格を備えた人を企業が育成することで、すばらしいサービスマンを生むことができます。
そして、何よりもその人自身がYG性格検査から自分の性格を客観的に知り、自ら目標を立てることによって、長所をのばすことが必要です。
そうなれば、その人自身も職場も活き活きとした働きの場となって成長します。
(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner