YG性格検査のE型について(1)

YG性格検査では、5つのパターン図(A,B,C,D,E)から性格の輪郭をつかむことができます。
型に優劣はありません。その中のE型について解説します。

E型は異色型と言われ、寡黙の人です。YG性格検査の検査結果で表れるプロフィール図が左下がり型で情緒不安定性と内向性(消極型)の性格タイプを表しています。
つまり、E型のプロフィール図はD型のプロフィール図(右下がり型)とまったく対照的なプロフィール図になっています。
E型は情緒特性の因子グループD,C,I,Nの点が高く情緒不安定性を表し、情緒に関してはB型と同じタイプです。特に因子C因子Nが高得点でプロフィール図で突出していると虚脱感におそわれたり、情緒の不安定さが起こるなど、組織活動は難しくなります。
また、知覚特性の因子O,Coの点も高いと、B型と同じく組織内での活動に不適応の状態が出やすく、因子Agの点も高いと連動して、この傾向が強くなり、組織内に居づらくなります。しかし、行動特性や社交性は消極的なので、B型のように波風を立たせることはなく、むしろ自己の内に閉じこもるようになります。

YG性格検査のE型について(2)に続く

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner