YG性格検査のC型について(2)

YG性格検査では、5つのパターン図(A,B,C,D,E)から性格の輪郭をつかむことができます。
型に優劣はありません。その中のC型についての解説のつづきです。

C型の特徴として下記のことが挙げられます。
因子Gの点数が低いこと
因子Gは活動性を表す因子で、点が低いと
・非活動的
・動作がゆっくり
・着手が遅い
ことを表しています。

因子R,Tの点数が低いこと
因子Rの点が低いと
・決断できない
・優柔不断
です。
因子Tの点が低いと
・深く考えすぎる
・几帳面
です。
因子Rと因子Tが共に低いと
・内省的
・慎重
・些細なことにくよくよする
ことを表しています。

因子A,Sの点数が低いこと
因子Aの点が低いと
・温順
・服従
・命令しない
因子Sの点が低いと
人を避ける
非社交性
です。
因子Aと因子Sが共に低いと服従的、非社交性の性格を持つため、独りで居ることを好み、多勢の中に入ったり、人前に出たりすることが苦手です。
こちらも参考にしてください。

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner