YG性格検査のD型について(1)

YG性格検査では、5つのパターン図(A,B,C,D,E)から性格の輪郭をつかむことができます。
型に優劣はありません。その中のD型について解説します。

D型は管理者型と言われ、安定積極的なタイプです。そのため、YG性格検査を利用している企業や組織では、採用のときにD型の人を選ぶケースが多いようです。確かに、D型を選択すれば無難ですが、思考外向性で思慮の浅い、無計画な行動をする人も多くいます。

採用の場面では、面接と共に適性検査を実施ということを考えてください。
D型のプロフィール図(グラフ)は、右下がり型です。このような人は内的整合性もとれていてバランスの良い人です。
D型の管理者を採用する時、または社内で昇格させる時に見る視点は3つあります。因子Ag、因子G、因子R-T-Gの関係です。

因子Agの点数でその人の主体性・積極性を判定できます。強すぎると攻撃的で管理職には不向きです。適度な意欲性・積極性が求められます。

因子Gの点数からは行動性が活発かどうか、スピードが遅くないか、着手が遅くないか等を評価します。現代のビジネスでは、行動が速くないと遅れを取ってしまいますし、成果につながりません。この意味で因子Gの評価は大事です。

因子R-T-GについてはYG性格検査のD型について(2)で解説しています。

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

YG性格検査のD型について(1)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: YG性格検査のE型について(1) | YG性格検査の活用術

コメントは受け付けていません。