YG性格検査は型判定だけでは危険

YG性格検査を実施すると大きく5つの型(A型・B型・C型・D型・E型)に判定できます。
採用に利用する時にこの型だけで判定するのは危険です。

判定はプロフィール図(グラフ)から読み解く

先日も、弊社に診断依頼をされたお客様から問い合わせがありました。

問い合わせ内容は
「型判定はD型(管理者タイプ)となっているのに、適性判定では リーダーと管理者の適性が5段階の1しかないのはどうしてか」と言うことでした。

確かに型判定では管理者タイプのD型となっていますが、これは情緒が安定し、社会適応性があるタイプを指しており、必ずしもリーダーシップをとるタイプではありません。
D型の中にも消極的な人も多くいます。
リーダーシップのある管理者向きの人をお探しなら、プロフィール図(グラフ)から判定していただく必要があります。

リーダーシップのある人とは

積極的な人

積極性・消極性は、12個の尺度のうち「Ag」の位置から判ります。

行動力のある人

気持ちは積極的でも行動が伴わない人もいます。
これは「Ag」と「G」の位置関係から判ります。

行動特性を見る

行動特性が 熟慮型・果断型・順応型・衝動型 のいずれであるかが、尺度「G」「R」「T」の位置関係から判ります。
順応型や衝動型の人はリーダーシップを取ることや管理することには向きません。
YG性格検査の判定結果がD型の人の中にも順応型、衝動型の人がいます。採用・配属には注意してください。
詳しくは書籍「YGテスト入門」で解説しています。