A型(平均型)の人の育成ついて

YG性格検査の検査結果がA型の人は、プロフィール図の情緒因子、客観的因子、行動特性因子、人間関係因子が中央に集まる人で、中庸(ちゅうよう)の人と呼びます。A型は平均的でこれっといった特徴が少なく、ずば抜けた積極性、行動力、思考、外交性、リーダー意識には至りません。特徴として言えることは情緒安定性のバランスが取れている人が多いことです。
ですから逆に突出している因子の関係をよく見ます。突出した因子を見つけて、その因子が意欲性、行動の活発性、熟慮的であれば、その長所を伸ばすように指導をしてください。
逆に、因子Tの点が他より高い場合や、因子Rの点が他より低い場合などは、その弱みを克服するように指導します。
検査後の行動、人間関係などをよく観察し、判定との差異をよくチェックしてください。これを繰り返していくと診断力を高めることにもつながります。

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner