情緒不安定で消極的な社員の育成について

情緒が不安定で消極的な人は、YG性格検査の結果、型判定(A,B,C,D,E)がE型・E準型が該当します。
このタイプの社員の育成、指導には十分な配慮が必要です。

意欲性(主体性)の因子Agの点が低く、おとなしい人です。
情緒不安定なところはB型と同じですが、B型と違って因子Agから因子G、因子R、因子T、因子A、因子Sの点が低い人です。寡黙で、コツコツと仕事はしますが、積極性がありません。自分の気に入ったことは没頭しますが、気に入らないと速度が落ちたり、手を休めたりします。

また、因子Oの点が高いと、空想的世界に入って、他人を寄せ付けないところがあります。自分の専門分野には詳しく饒舌になり、周りのことが見えなくなるほど話します。

このような人には、育成する前に、話を十分に聴き、感情移入によって相手を理解し、受容してあげることが大事です。思いやりを先に持ち、信頼関係の上でなければコミュニケーションが進みません。

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner