12尺度の因子Sについて(1)

YG性格検査は人の性格特性を12 の尺度(因子)から測定し、グラフ化にしてその因子の強弱の程度を5段階に区切って判定、診断します。

12の尺度の1つ、「因子S」について解説します。
Sは人間関係特性の側面から社会性を測定しています。

点が低いと(段階1,2)内向的になり

  • 自分の世界にばかり閉じこもろうとする
  • 独りになりたがる
  • 非社交的
  • 人間嫌い

を表し、組織・集団を避けます。
点の低い人は表に出たがらず、人前で何かすることは苦手です。

逆に点が高くなる(段階4,5)ほど外交的になり

  • 人との交際を好む
  • つき合い上手
  • 社交性に富む
  • 宴会を好む
  • 人間大好き

を表し、大勢の人の集まる所に入ることを苦にしません。
服装も派手好みです。
周囲に目立つことを平気でします。
お祭り騒ぎが大好きで、周囲が静まっていると、本人は耐えられずに1人で、はしゃいだりします。
人中に率先して入って行き、人を恐れずに目上の人や著名人にも話しかけたりします。
(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

12尺度の因子Sについて(1)」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 12尺度の因子Sについて(2) | YG性格検査の活用術

  2. ピンバック: 職場の良い人間関係づくりには適材適所が欠かせません | YG性格検査の活用術

コメントは受け付けていません。