12尺度の因子Aについて(2)

YG性格検査は人の性格特性を12 の尺度(因子)から測定し、グラフ化にしてその因子の強弱の程度を5段階に区切って判定、診断します。

12の尺度の1つ、「因子A」について補足解説します。
Aは人間関係特性の側面から相手との立ち位置を測定しています。

因子Aは因子Sと関連があり、プロフィール図上の点の位置が近似しています。
因子Aの点が低いときは、因子Sの点も低くなります。
この因子AとSの位置がかけ離れている場合は、YG性格検査への回答の真偽が問題です。
回答にウソが含まれるか、もしくは被験者の内的整合性が取れていないかです。

この因子Aのみが他の因子より突出して点数が高い人は自己顕示欲のみが表れ、人の意見を素直に聞かない傾向があります。
「ハイ、わかりました」と言っても違うことをします。

製造現場や流通加工現場などには、リーダーに適さなくてもおとなしく黙々と不満も出さずに働く人が求められる仕事があります。現場では、リーダーになりたい人(因子Aの点が高い)が多いとチームワークが取れません。
黙って従う人も必要です。

 

webbanner