採用基準が求められる理由

新しい人材を採用するということは簡単なことではありません。

会社にとって、組織にとっては、経営を左右するほど大きな課題です。
では、どのような採用をされていますか?
例えば、

  • 応募者の中では一番良い人を採用した。
  • 面接の対応や経歴で判定した。
  • 求める人物像が曖昧なままで採用した。

など、応募者の中から良い人を採用する方法をとられていないでしょうか。
当然といえば当然の方法ですが、この採用方法では理想の組織となるかは運次第でしょうか。
採用者の入社後の働きぶりがわからないからです。
一度に多くの人を採用した時代はこれでも通用したかもしれません。
これからの採用は「採用基準をクリアしている人を採用する」ことが求められます。
企業や団体に採用する判定基準があれば、理想の組織になるばかりではなく、採用にかかる負担も軽減されます。
せっかく採用しても必要とした人材でなければ、また、すぐ辞められてしまったら、費用がかかるばかりです。

「採用基準をクリアしている人を採用する」ことは、自社で始めることができます。
すぐにできる採用基準のつくり方はこちらをご覧ください。>>続き