12尺度の因子Oについて

YG性格検査は人の性格特性を12 の尺度(因子)から測定し、グラフ化にしてその因子の強弱の程度を5段階に区切って判定、診断します。

12の尺度の1つ、「因子O」について解説します。
Oは人間関係特性と知的活動性の側面から客観性・主観性を測定しています。

点が低いと(段階1,2)

  • 客観的(誰が見ても最もだと思えるような立場で物事を考えるさま)
  • 空想的でない
  • 信念に乏しい

さまを表します。
客観的とは、特定の個人的主観の考えや評価から独立した普遍性のある見方です。
組織の中でのチームワークを働かすメンバーとして適切です。
また、点が低すぎる場合は信念に乏しいということが言えます。
いろいろの人の意見を聞いて回り、自分の意見がないというさまになりやすい。
因子Oと因子Co双方が低い粗点の場合は、人に妥協しやすいと言えます。
行動特性因子Agの点も低いとその傾向はより強まり、自分の主張がありません。
人のいいなりになる人です。

逆に点が高くなる(段階4,5)ほど

  • 信念が強い
  • 主観的(自分一個の意見による物事の見方、主観による価値を第一に重んじるさま)
  • 独善的(自分に都合のよい考え方で自己中心の考え)
  • 空想的
  • 人の意見を聞かない
  • 頑固

ことを表します。
特に点が高い人は、独善的傾向が強いです。
自分の考えを押し通そうとし、自分の理想を空想し、その実現に他のことを顧みないという状況が生まれます。
信念が強いという好ましい見方もできます。
最後まで自分の信念を貫いてやり遂げるという人物も輩出します。
主観的な人は、組織にあってどのような行動態様を表すかが注目です。
組織にとって重要なことを1人になってでも貫くことは良いことです。
ただ、その時の発言が自分のみ正しく、他の意見は、間違っているという論法で相手を攻撃すると問題です。
段階4~5の人は因子Co, Ag, Gの高い点と結びつくと、社会的不適応を起こしやすい。
組織を離脱して、自営業や一匹狼的な仕事を好む傾向もあります。
ロマン・夢・冒険に傾倒します。
(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

12尺度の因子Oについて」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: 12尺度の因子Agについて(2) | YG性格検査の活用術

  2. ピンバック: 情緒不安定で消極的な社員の育成について | YG性格検査の活用術

  3. ピンバック: 職場の良い人間関係づくりには適材適所が大事です | YG性格検査の活用術

コメントは受け付けていません。