12尺度の因子Iについて

YG性格検査は人の性格特性を12 の尺度(因子)から測定し、グラフ化にしてその因子の強弱の程度を5段階に区切って判定、診断します。

12の尺度の1つ、「因子I」について解説します。
Iは情緒特性の側面から劣等感を測定しています。

点が低いと(段階1,2)

  • 自信(自己を信頼する力)に満ちている
  • 自信過剰
  • 自信家(自分の正しさを信じて疑わないこと)

を表し、点が低すぎると自信過剰で高慢さが表面に出てくると問題です。
組織の中では謙虚さも必要です。

逆に点が高くなる(段階4,5)ほど劣等感が強くなり

  • 自分が人より劣っている
  • 自分は水準より低いという意識

を表します。劣等感が強すぎると、冷静な判断ができず、物事を悪い方向に受けとめてしまいます。

中間(段階3)にある適度な劣等感は人に対して謙虚な姿勢を表します。

(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner