12尺度の因子Cについて

YG性格検査は人の性格特性を12 の尺度(因子)から測定し、グラフ化にしてその因子の強弱の程度を5段階に区切って判定、診断します。

12の尺度の1つ、「因子C」について解説します。
Cは情緒特性の側面から気分の変化を測定しています。

点が低いと(段階1,2)

  • 冷静(落ち着いていてその場の感情に動かされないさま)
  • 気持ちが冷たい
  • 同情がない
  • 感情がない

ことを表し、低すぎると冷徹すぎて冷ややかな考えをします。
適度な人間的温かさも組織の中にいる人には欲しいところです。

逆に点が高いと(段階4,5)

  • 感情的( 理性を失って感情に走るさま)
  • 感情の起伏がある
  • 激情(とどめがたいほどの激しく強い感情)におそわれる

ことを表します。因子Nの粗点も合わせて高い人は、興奮すると感情が制御できなくなり、ヒステリー的な状態になる傾向があります。
因子Dの高い粗点が重なると神経症的な傾向を示します。