12尺度の因子Dについて

YG性格検査は人の性格特性を12 の尺度(因子)から測定し、グラフ化にしてその因子の強弱の程度を5段階に区切って判定、診断します。

12の尺度の1つ、「因子D」について解説します。
Dは情緒特性の側面から抑うつ性を測定しています。

点が低いと(段階1,2)

  • 性格が明るい、
  • 楽天的(人生に明るい、見通しをもっているさま)、
  • 充実感(力が豊かにそなわってしっかりしている感じをもつ)、
  • 明朗(明るく朗らかなさま)

を表し、明るく周囲に好印象を与えます。
顔の表情にも表れています。

逆に点が高くなる(段階4,5)ほど気持ちが落ち込んで

  • 憂うつ(気持ちが晴々しないこと)、
  • 陰気
  • 無気力
  • 悲観的
  • 罪悪感
  • 虚脱感

を表し、心に悩みを持っていることが多く、因子Cの粗点も高いと神経症的な傾向を示します。
(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner

12尺度の因子Dについて」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 12尺度の因子Cについて | YG性格検査の活用術

  2. ピンバック: YG性格検査のA型について | YG性格検査の活用術

コメントは受け付けていません。