YG性格検査の限界

YG性格検査は、万能ではありません。これで知能は測れません。
YG性格検査の信頼性は、心理学上では約80%と述べられています。
これは心理学的に高い値ですが100%ではありません。
YG性格検査は、12の尺度(因子)から人の性格を測定するものです。
これで複雑な人間の性格のすべてを解明できるわけではありません。
YG性格検査は12の尺度で性格をCTスキャンしたようなもので、自ずと限定されたものであると考えるべきです。

では、YG性格検査という心理テストは、ウソを言っているのかと言えば、そうではありません。
心理テストも多くの種類が存在します。
それぞれ心理学者のアイデアや学派としての系統の違いもあるかと思います。
いずれにしろ、複雑な人間の心理や性格を何とか分析し、見えない部分を明らかにしょうとするテストです。
学派の違いから自己の学問を正当化し、他の心理学者の理論をウソ呼ばわりすることは、自らの人格の未熟さをさらすこととなるでしょう。

物理・科学の世界でも、用途に応じた測定器があります。
寸法・重さ・容積・電波・放射能など様々でしょう。その測定器の精度も用途に応じてまちまちであるわけです。
肝心なことは実務において、その目的が達せられているかどうかが測定器にとっては大事なことです。
学問の世界で理論の是非を問う「場」と実務の世界で、組織を守り、人を育成する目的のために活用する「場」とは異なってきます。
実務は現実に根を下ろしています。

YG性格検査を「性格判別のできる万能な検査」というとらえ方をするのは間違っています。
また、心理テストはウソというようなとらえ方もまた、大きな間違いです。
大切なことは、YG性格検査の性質を理解し、適切な目的のもと正しく利用することです。
(長谷川好宏著 「YGテスト入門」より)

 

webbanner