YG性格検査は外国人に使えますか

国内でまた海外で外国の方を雇用する企業が増えてきています。
そのため、外国の方にYG性格検査を使用したいという問い合わせをいただくようになりました。

YG性格検査は.P.ギルフォード(南カリフォルニア大学教授)が考案した性格検査モデルを 矢田部達郎(元京都大学教授)、辻岡美延(関西大学名誉教授)、園原太郎(京都大学名誉教授)らが 日本人向けの性格検査として構成し、妥当化、実用化を経て検査用紙が完成しました。
ですから、日本人以外の性格検査としては不向きです。
被検査者の生まれ育った国に合った性格検査が必要です。

逆に「キャッテルCFIT知能検査」は従来の知能検査と異なり、 生まれ育った環境に左右されずに純粋な知能を測定できる検査です。
欧米をはじめ、世界23か国以上で使用されていますので、外国の方にも使用していただけます。
キャッテルCFIT知能検査は、出題される問題もすべて図で表示されておりますので、設問には日本語は一切出てきません。
手引書の例題の説明を被検査者の国で理解できることばに置き換えて説明すれば、どの国の方にも同じように知能検査がお手元でできます。
外国人の採用試験にも有効です。

chinokensa