性格は変わりますか

人の性格は変わるモノでしょうか?
答えは変わる部分と変わらない部分があります。
変わらない部分というのは、先天的な気質という部分で、親からの遺伝によって決まります。
この気質というものは一生変わりません。

では、変わる部分とは?
成長する段階の環境、経験から身につけていった後天的な部分です。
人の性格は先天的な気質を核にして、そのまわりに後天的な性格が覆っているため、表面に見えているのは後天的な部分の性格です。
後天的な性格の中でも、
幼児期の環境から身に付いた部分
学習によって付いた部分(社会的性格)
現在の立場による部分(役割性格)
と層になっています。
下層ほど隠されていて変化しにくく、逆に教育によって変化するのは社会的性格、役割性格の部分です。
企業が教育するのは社会的性格・役割性格部分になります。

企業が新卒者を採用するのは、社会的性格、役割性格を教育しやすいからです。
また、逆に中途採用によって、すでに優れた教育を受けた人を受け入れることもできます。
その見極めにYG性格検査が活用されています。
採用する人の教育効果を予測することができるからです。
そして、その人の性格に見合った教育をすれば、企業にとって必要とする人材に成長することでしょう。