YGテストの診断マニュアル画像

YGテストの診断マニュアル

商品説明
YGテストを人事戦略にもっと活用したい実務者向け

【タイトル】YGテストの診断マニュアル 人事管理における性格検査の活用

【著者】八木俊夫

【出版社】著者の承諾を得て(株)ウイズダムマネジメントが発行しています

【サイズ/ページ】B5版/146ページ

【もくじ】
  1. YGテストの実施
    ・YGテストへのプロローグ
    ・YGテストの実施方法
  2. YGテストの診断
    ・テスト結果の整理と性格類型の判定法
    ・性格診断の予備知識
    ・基本性格の診断法
    ・基本性格の診断事例
  3. YGテストによる職務適性の診断(採用・配置における応用)
    ・職場適応性の診断
    ・幹部社員採用の場合
    ・一般事務職採用の場合
    ・営業職採用の場合
    ・専門技術職採用の場合
    ・労務職採用の場合
    ・サービス職採用の場合
  4. YGテストの色々な応用
  5. YGテストの簡易型診断法
【商品特徴】
YGテスト結果から読み取れる性格や特性の解説とその読み取り方法、YGテスト結果からわかる適性職種、テスト結果の事例を多くあげ、YGテスト結果から得られる情報を解説しています。YGテストを専門的に勉強したい方にお奨めいたします。
検査方法=記載あり
採点方法=記載あり
※送料無料 【著者まえがきより】
この本は「YG テストの実務的応用法」について解説した経営実務書である。どこの会社でも人材を求めているが、現実の問題となると、人材を選ぶ基準すら持ち合せていない会社が多い。それどころか、どのような人物が欲しいのか、具体的な人物像すら、はっきりしていない会社もたくさんある。
 筆者は、性格と職務適性の間題について研究しており、実際に多くの会社の採用について指導してきたが、今でも経験とカンに頼る会社が多いのはなぜだろうか。「当社では科学的な採用基準を定めている」と胸を張る会社でも、せいぜい、心理テスト屋といわれる業者に委託しているところが多い。コンピュータで打ち出された回答をみて、採用担当者はどれだけ、その人の性格を正しく理解できているのだろうか。まして、新入社員の配属先の直属上司が、どれほど新入社員の性格を正しく理解できているのか、疑問に思う。
そこで、実施法と診断法に重点をおいて要点主義でこの本をまとめてみた。難しい理論的説明や心理学の専門用語はできるだけ避けて、事例を多くかかげるようにした。実務的応用に役立てることを心掛けたつもりである。 YG テスト(正しくは、矢田部・ギルフォード性格検査)は、学問的に検証された本格的で信頼できるテストである。歴史も古く、誰にも簡単に使えて多面的な情報の得られる性格テストとして、産業界だけでなく、教育や医療の面でも広く利用されている。それだけに診断データも豊富にそろっているといえる。
ぜひYG テストの利用を試みていただきたい。


平日15時までのご注文
即日発送
発送カレンダー参照
1600円以上のご注文
送料無料
 
当店で検査用紙を
ご購入の方限定
採点方法・判定方法で
わからないことがあれば
サポートダイヤルへ
0120-963-520
受付時間 平日のみ
9:30~12:00
13:00
~16:30
Copyright ©性格タイプCOM All Rights Reserved.